2015年4月9日にラストファイトを迎えるマニー・パッキャオ(フィリピン)のラストファイトの相手が、2015年12月11日プエルトリコで行なわれるトップランク興行で発表される見通しであることが分かった。84歳の誕生日を迎えたトップランク ボブ・アラム氏は、米・スポーツ専門メディアESPNのインタビューで、パッキャオの対戦相手は、現地時間11日「truTV」での中継内で発表すると述べている。

 ボブ・アラム氏は、「マニーのラストファイトの対戦相手?まだ知らないんだよ。ただ、私が知っていてもそれを私から聞き出すことは出来ないよ。」と語り、プエルトリコで開催されるトップランク興行で、マニー・パッキャオのラストファイトの対戦相手を発表する計画があることを明かしている。

 プエルトリコで行なわれる興行では、プロスペクトの1人フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)、世界王者返り咲きを狙うノニト・ドネア(フィリピン)の試合が行なわれる。トップランク主催で行われる興行は「truTV」が配信。解説は、パッキャオの対戦候補にも上がるティモシー・ブラッドリーが務める。パッキャオのラストファイトの候補には、ブラッドリーの他に、テレンス・クロフォード(米)、アミール・カーン(英)が浮上している。

Sponsor Link

 トップランク カール・モレッティ氏によると、次期スター候補の1人テレンス・クロフォードが休暇中でプエルトリコを訪れ、試合を観戦する予定だと話しており、11日プエルトリコで行なわれるトップランク興行にパッキャオの対戦候補である2人が揃うことになりそうだ。

 パッキャオの対戦候補が、ティモシー・ブラッドリー、テレンス・クロフォード、アミール・カーンと上がる中、テレンス・クロフォードが最有力だろう。全勝・無敗のクロフォードは、大きなリスクを背負ってでも次期スター候補の座を掛けてパッキャオとの試合を実現させたいのが本音。パッキャオに勝利することで、更なる人気・知名度、将来的にペイ・パー・ビュー(PPV)ファイトにも期待が掛かる。

 テレンス・クロフォードは、スーパーライト級では1位、2位を争う実力者。地元オマハでは絶大的な人気を誇るが、世界的に見ればまだ知名度はそれほど高くなく、クロフォードをプロモートするトップランクとしてもパッキャオ引退後のスター候補として考え、パッキャオ戦を実現させたい意向であることは間違いない。

 パッキャオ、クロフォードは「新旧」対決の構図。クロフォードは、ベルトラン、デュロルメ、ガンボア、ジャンとハードなマッチメイクをこなし今が全盛期だ。パッキャオ戦で負ければ「商品価値」を大きく落とすリスキーな試合だが、パッキャオ引退後のスターの座に就くには、スパースターに勝利することが必要だろう。何れにせよ、今週金曜日には発表する見通し楽しみに待ちたい。

関連記事:
パッキャオ、4日金曜日にもラストファイトの対戦相手決定か?!

(Via: ESPN Boxing