2015年8月レオ・サンタ・クルス(メキシコ)とのメキシカン対決の激闘が記憶に新しい、元3階級制覇王者・アブネル・マレス(メキシコ)が、WBC世界フェザー級王者・ゲーリー・ラッセルJr.(米)へ挑戦したいと意向を示していることが分かった。アブネル・マレスは、復帰戦を2016年2月に予定しているという。

 マレスは、「今言えることは、2016年2月に試合をするということだよ。対戦相手については未定なんだ。多くの対戦候補者が居て、今ディスカッションしているところだよ。ただ、私が望むのは、WBC世界フェザー級王者・ゲーリー・ラッセルJr.との戦いなんだ。

 既に、トレーニングを開始している。一歩一歩前進し進捗は明確だよ。次戦はフェザー級(126パウンド)で戦う。我々は、スーパーフェザー級(130パウンド)で戦うことができるかトレーニング・キャンプではかることにしている」とゲーリー・ラッセルJr.との試合を望み、将来的にスーパーフェザー級戦線への参画を考えていることを明かした。

 
Sponsor Link

 マレスは、2015年8月29日、米・カリフォルニア州ロサンゼルにあるステイプルズ・センターで、実現が期待されていたレオ・サンタ・クルスとの試合が実現した。2人のホームでもあるロサンゼルスで行われたメキシカン同士の注目の対戦カードは、予想を遥かに超えた激闘となり、サンタ・クルスが12回判定でアブネル・マレスに勝利している。

 マレスは、フェザー級でジョニー・ゴンサレスに敗れ復帰戦を順調に勝ち進み、レオ・サンタ・クルスとのビッグマッチへを実現するも敗戦した。マレスは、レオ・サンタ・クルスに負けたが、試合内容は「激闘」ロサンゼルス、ステイプルズセンターに集まった観客を満足させたことは事実。フェザー級戦線で挽回の機会はあるだろう。

 マレスは、サンタ・クルスとの試合を「サンタ・クルスとの試合は予想された結果に反し、負けたけど、私の中で2015年最も印象的な試合だったんだ。この試合は、2015年”Fight Of The Year”候補ノミネートとなる最高の試合をしたと思っている」と語っている。

関連記事:
マレス、サンタ・クルスとの再戦を希望
試合中止!ゲーリー・ラッセルJr.怪我により、エスカドンとの試合は中止に

(Via: boxingscene