2016年実現の期待感が高まっているWBA・WBO・IBF世界ライトヘビー級王者・セルゲイ・コバレフ(ロシア)と、アンドレ・ウォード(米)のビッグマッチについて、コバレフをプロモートするメイン・イベンツCEO キャシー・デュバ氏は、全ての条件に合意済みだと明かした。

キャシー・デュバ氏は、現地時間、2015年11月21日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ リゾート&カジノに滞在していた。ウォードとの試合について「ウォードとの試合については、我々は全ての条件同意している。しかし、今はまだ詳細を話すことはできないが、2016年以内に実現できるだろう」と既にウォード陣営と交渉を開始していることを明かし、2016年内にも実現する方向であることを示した。

キャシー・デュバ氏は、コバレフ、ウォードの試合を、HBO ペイ・パー・ビュー(PPV)で中継することを計画。開催地は未定だが、米・ネバタ州ラスベガス、ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデンが候補地だと述べた。尚、契約上、コバレフの故郷ロシア、ウォードの故郷オークランドは開催地の候補から除外されていることを明らかにしている。

Sponsor Link

アンドレ・ウォードは、ライトヘビー級への参戦を正式に表明。保持してたWBA世界スーパーミドル級王座を返上することを発表している。アンドレ・ウォードは、HBOと3試合を契約した際にセルゲイ・コバレフとの試合が契約条件に含まれているという話もあるが、WBC王者・アドニス・スティーブンソン(カナダ)との統一戦が難しい今、ライト・ヘビー級で「コバレフ、ウォード」は規定路線と言える。

アンドレ・ウォードは、11月21日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ イベント・センターで、アレキサンダー・ブランド(コロンビア)との試合が決定していたが、ウォードのトレーニング中の負傷により試合は中止。次戦の日程は未定となっている。

セルゲイ・コバレフは、2016年1月にジャン・パスカルとの再戦が決定。キャシー・デュバ氏は、1月に行なわれるパスカルの再戦後、6月にコバレフ、スティーブンソンの対戦を計画しているが、スティーブンソンと契約するShowtime、アル・ヘイモン氏と相反するHBOでは、試合を実現することは難しいだろう。何れにせよ、コバレフは、ジャン・パスカルとの再戦でスッキリした勝ちを収めたいところだ。

関連記事:
続 コバレフ、2016年アンドレ・ウォードとビッグマッチ実現なるか?!

WBA王座返上、アンドレ・ウォードがWBA王座を返上

(Via: boxingscene