米・フィラデルフィアのボクシング関係者の話によると、元WBA・WBC世界スーパーライト級王者・ダニー・ガルシア(米)が次戦、ロバート・ゲレロ(米)を相手に試合を計画していることが分かった。開催日時・場所は最終決定していないが、アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)で、2016年1月23日、ニューヨークかロサンゼルスでの開催を予定。FOXでの中継を計画している。

ガルシアは以前から、減量苦を理由にウェルター級転向を示唆していた。迎えた、2015年8月1日、元世界王者・ポール・マリナッジ(米)を相手に、ウェルター級への本格参戦を決意。試合は、147パウンドウェルター級リミットで行われた。ポール・マリナッジは、ナチュラルなウェルター級ではなく、パンチも非力でウェルター級、テスト・マッチとしては相応しい相手と言えた。

試合は、ダニー・ガルシアが、9回TKOでマリナッジを下した。試合展開は、カウンター狙いが多いガルシアだが、「プレッシャーをかけていくプランが成功」したと語っていたように、自ら攻撃を仕掛ける場面も多く見受けられた。

Sponsor Link

試合後、ダニー・ガルシアは、「ヘイモン氏が望むなら、ショーン・ポーター(米)、WBA世界ウェルター級王者・キース・サーマン(米)と対戦する準備ができている」と強豪との対戦も避けないことを明言した。

WBA世界ウェルター級レギュラー王者・キース・サーマンと、ショーン・ポータは2016年に試合をする計画があるという。ガルシアのウェルター級タイトルマッチの実現は早ければ、2016年後半だろう。メイウェザーが引退し、覇権争いが過熱するウェルター級戦線で実力を示すには、ロバート・ゲレロにインパクトのある勝ち方で勝利したいところだ。

(Via: boxingscene