米国現地時間、2015年11月21日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ リゾート&カジノで、IBF世界バンタム級暫定王者・リー・ハスキンス(英)と王座統一戦を行う正規王者・ランディ・カバジェロ(米)は、近い将来バンタム級での王座統一戦を望み、今後、スーパーバンタム級への階級を上げることを示唆した。

足の怪我で1年間のブランクを空けたカバジェロは、「足の出術を受けて、他の素晴らしい試ばかりを観ることは辛かったよ。ハスキンスとの試合が決まって嬉しいよ。足の怪我は完治して問題ない。試合当日は全力を尽くすよ

可能性は無限なんだ。我々はバンタム級での統一戦を行う準備ができている。バンタム級で誰とでも戦う準備ができている。機会があれば122パウンド(スーパーバンタム級)へ階級を上げることもできる。」とハスキンス戦後は王座統一戦、スーパーバンタム級までを視野に入れていることを示した。

Sponsor Link

試合は、WBC世界ミドル級タイトルマッチ、王者・ミゲール・コット(プエルトリコ)と挑戦者、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)のアンダーカードとして組み込まれる。

同興行は、HBO(米・大手ボクシング中継局)がペイ・パー・ビュー(PPV)放送するが、カバジェロ、ハスキンスの試合はPPV枠は用意されてない為GBPは、「YouTube」「Tida.com」「goldenboypromotions.com」から無料でデジタル配信すること発表している。

足の怪我の為、1年間のブランクを空けたカバジェロ。ハスキンスは、IBF世界バンタム級暫定王座決定戦で岩佐亮佑を6回TKOで破り、暫定王座を獲得している。試合は今年後半の最大のボクシング・イベント、コット、カネロのアンダーカードで行なわれる。ボクシング・ファン待望の興行まであと少しだ。

関連記事:
正式決定 IBF王者カバジェロ、リー・ハスキンスと2015年11月21日に王座統一戦を行うことが決定

(Via: boxingscene