14日、帝拳プロモーションズは、所属する元2階級制覇王者・粟生隆寛(帝拳)が左足首を負傷。28日仙台にあるセビオ・アリーナ仙台で行なわれる「TOUCH! WOWOW 2015」の出場を辞退することを発表。粟生隆寛は、元WBC世界スーパーフェザー級王者のガマリエル・ディアス(メキシコ)と約3年ぶりに再戦を行うことが決まっていた。

粟生隆寛は、トレーニング中に左足首を痛め、医師の診断の結果「左足関節腓骨筋腱脱臼」で有ることが判明。ドクター・ストップにより試合欠場を余儀なくされた。粟生は、ディアス戦へ向け、10ラウンドのスパーリングをこなし最終調整を迎えていた。

試合が中止となり粟生は、「試合を楽しみにしてくれたファンの方々、再戦の機会を作ってくれた会長、スタッフ、ディアスに対し申し訳ない」と述べ、怪我の治療に専念。早期に復帰することを誓った。

Sponsor Link

ガマリエル・ディアスとの再戦は、2015年5月1日米・ネバタ州ラスベガスにあるコスモポリタンでWBO世界ライト級王座決定戦で、レイ・ベルトラン(メキシコ)との試合以来であった。ベルトランの試合は、試合後ベルトランがドーピング検査で陽性反応を示し「無効試合」となっている。

粟生隆寛の試合が中止となったが、「TOUCH! WOWOW 2015」の代替カードのアナウンスはされていない。興行のメインカードダブル世界タイトルマッチは、江藤光喜(白井・具志堅)が、WBC世界スーパーフライ級王座・カルロス・クアドラス(メキシコ)へ挑戦。木村悠(帝拳)が、WBC世界ライトフライ級王者・ペドロ・ゲバラ(メキシコ)へ挑戦する。チケット購入は、こちらからどうぞ。

関連記事:
チケット、TOUCH WOWOW 木村、江藤W世界戦のチケットの販売が開始

現役続行!粟生隆寛、ライト級で世界を目指す!

(Via: 帝拳