デル・プエブロ プロモーション オズワルト・クチュレ氏は、WBC(世界ボクシング評議会)より要請を受けていた同プロモーションに所属するレイ・バルガス(メキシコ)とギレルモ・リゴンドー(キューバ)との間で争われる「WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦」について、交渉を開始したことを明らかにした。WBCは、デル・プエブロがプロモートする同級ランキング2位のレイ・バルガス(メキシコ)とギレルモ・リゴンドー(キューバ)で挑戦者決定戦を行うよう通達していた。

オズワルド・クチュレ氏は、リゴンドーの共同プロモーターであるカリブ・プロモーションと「WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦」について交渉を開始したことを明かした。「我々は、リゴンドーのプロモーター、カリブ・プロモーションと対戦の交渉を開始した。この試合は、世界戦を視野に入れ成長をはかるにもとても良い機会なんだ」とリゴンドーとの挑戦者決定戦に意欲を示している。

Sponsor Link

レイ・バルガス、リゴンドー戦が纏まれば勝者は、王者・フリオ・セハ(メキシコ)への挑戦権を手にする。現在、フリオ・セハは、暫定王者決定戦で勝利したウーゴ・ルイス(メキシコ)とのダイレクト・リマッチが2016年3月26日を目標に交渉が進められている。

フリオ・セハは、WBCマウリシオ・スライマン会長へ、ウーゴ・ルイスとの再戦を要請している。WBCからの正式な回答はないが、ウーゴ・ルイスのプロモーターであるサンプソン・リューコーイッツ氏が交渉を開始したことを明かしている。

関連記事:
リゴンドー、次戦は12月4日カナダでマリオ・ブリオネスと対戦

(Via: boxingscene