トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)ボブ・アラム氏は、マニー・パッキャオ(フィリピン)のラスト・ファイトの対戦相手として、アミール・カーン(英)と交渉していることを明かした。契約のいくつかの条件は合意済みだが、まだ合意できる段階ではないと米・ボクシングメディアにコメントしていることが分かった。

試合の交渉は、ボブ・アラム氏と、アミール・カーン陣営との間で協議されている。アミール・カーンのアドバイザーにあるアル・ヘイモン氏は、パッキャオとの対戦交渉について関与していないという。マニー・パッキャオのラスト・ファイトの対戦候補には、アミール・カーンの他、WBO世界スーパーライト級王者・テレンス・クロフォード、米国現地時間11月7日に行なわれるティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオスの勝者が上がっている。

トップランク ボブ・アラム氏は、マニー・パッキャオのラストファイトの対戦相手の決定について、パッキャオ自身に決定を委ねている。ボブ・アラム氏は、パッキャオは対戦候補に上がってる試合の報酬金額を確認後、最終決定する意向だと述べている。

Sponsor Link

数日前、イギリスのタブロイド紙のデイリー・メールが、マニー・パッキャオとアミール・カーンとの試合が合意したと報道。この報道を受け、パッキャオは、「アミール・カーンとの試合は可能だよ。この件は、まだボブに話していなかったんだよ。対戦候補については、ボブから、カーンの他に、ダニー・ガルシア、テレンス・クロフォード、ティモシー・ブラッドリー、沢山の候補が居ると伝えられている。ただ、まだ何も決まっていないよ。」とデイリー・メールの報道を否定している。

対して、アミール・カーンは、「まだ正式決定していないが、最終合意が間近だ」とGulf Newsにコメントしていることが分かっている。ボブ・アラム氏は、パッキャオのラストファイトをボクシングの聖地ラスベガスで開催を予定。カーン陣営に、開催地についてラスベガスが条件だと話している。

米・ボクシングメディアは、アミール・カーンが、トップランクと相反するヘイモン傘下であることからパッキャオとの試合は現実的では無いというのが大方の見方だ。交渉に関してはアミール・カーンの父、叔父が関与しているという。パッキャオとのラストマッチの切符を手にするのは果たして誰になるのだろうか。

関連記事:
パッキャオ、ラストファイトはクロフォード、カーン2人が候補

(Via: boxingscene