フロイド・メイウェザーJr.(米)は、マニー・パッキャオ(フィリピン)との再戦交渉についての噂を否定した。数日前、マニー・パッキャオは、SNS(Facebook)を介して、自身のフォロワーに対し、フロイド・メイウェザーJr.との再戦へ向け交渉が開始されたと発信した。

マニー・パッキャオは、数日前に「次戦の相手についてはまだ決まっていない。今、フロイド・メイウェザーJr.との再戦へ向け交渉している。」と語ってた。フロイド・メイウェザーJr.とも親交が深い米・スポーツ専門メディアESPNのスティーブン・スミス氏は、フロイド・メイウェザーJr.へ事実関係を確かめるべく連絡。フロイド・メイウェザーJr.は、再戦の交渉に関して否定したという。

Sponsor Link

フロイド・メイウェザーJr.は「それは、全くの嘘だよ。俺はもう引退している。」とスティーブン・スミスに対し返答している。マニー・パッキャオは、フロイド・メイウェザーJr.との再戦交渉を明かしたのは、数週間の間で2度目。パッキャオをプロモートする、トップランク ボブ・アラム氏は、メイウェザーJr.との再戦交渉は否定している。

マニー・パッキャオが、フロイド・メイウェザーJr.との再戦交渉を明かした真意は不明だが、パッキャオ自身はメイウェザーJr.との再戦を強く望んでいることは確かだろう。パッキャオは、2016年にフィリピンで行なわれる上院選挙に出馬を予定。パッキャオは、上院選前に1試合行い現役を引退することを表明している。

関連記事:
パッキャオのラストファイトはクロフォードが濃厚

(Via: boxingscene