関係者の話によると、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者・アンドレ・ウォード(米)と、ウォードをプロモートするロック・ネイション・スポーツ(RNS)が、HBO(米・ボクシング中継局)と3試合の契約に合意したことが分かった。ウォードがHBOと3試合を契約したことは、まだHBOから公式アナウンスはされていない。

また、関係者の話によれば契約内容には、WBA・WBO・IBF世界L・ヘビー級王者・セルゲイ・コバレフ(カザフスタン)との試合も盛り込まれ、既に合意がされていると語っている。セルゲイ・コバレフは、今年にHBOと延長契約を結んでおり、アンドレ・ウォードがHBOと契約を果たせば、両雄の試合が契約内容に盛り込まれていても不思議ではない。

HBOがアンドレ・ウォードとの契約を公式発表しない理由は、次戦の日程が明確になっていないからだろう。次戦は、米国現地時間2015年11月21日、ネバタ州ラスベガスにあマンダレイ・ベイ イベント・センターで行なわれるWBC世界ミドル級王者・ミゲール・コット(プエルトリコ)、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)のペイ・パー・ビュー(PPV)アンダーカードに試合が内定しているが、未だ対戦相手は決まっていない。

Sponsor Link

アンドレ・ウォードの次戦は、2016年セルゲイ・コバレフとのビッグファイトのチューンナップ・ファイトになる見通しだ。ウォードをプロモートするRNSは、何人かの対戦相手をネバタ州アスレチック委員会(NSAC)ボブ・ベネット氏へ提案したが、承認を得ること困難だったと話している。

ベネット氏は、RNSが提案した対戦相手を公開。2014年にセルゲイ・コバレフと対戦し、TKO負けしたブレイク・キャパレロ(豪)、2012年に現WBC世界スーパーミドル級王者・バドゥ・ジャックに判定負けしたアレキサンダー・ブランドをRNSは提案している。

ベネット氏は、2014年セルゲイ・コバレフと対戦し、KO負けしたセドリック・アグニューを承認している。アンドレ・ウォードが、11月21日に試合をすることは確定しており、近く対戦相手も決まる見込みで正式発表される見通しだ。

関連記事:
続 コバレフ、2016年アンドレ・ウォードとビッグマッチ実現なるか?!

(Via: ESPN Boxing