米国現地時間2015年11月21日、ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ イベント・センターでWBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(帝拳)へ挑戦するフランシスコ・バルガス(メキシコ)が、米・ボクシングメディアのインタビューで三浦との試合に向けインタビューに答えている。

「この試合は、とてもモチベーションが高いんだ。誰もが三浦の”ボンバー・レフト”について話すけど、俺も同様にパワーをもっているよ。今、三浦との試合に向けハードなトレーニングをしている。適切なサウスポーのスパーリング・パートナーを”オリンピック・センター”で見つけたんだ

三浦のパンチは恐れていないよ。彼と試合をするときに彼がどんな反応をするか見てみようじゃないか。彼は偉大なチャンピオンだよ。ただ、無敵ではない。彼の試合をいくつか見て世界王座を奪取する方法を見つけたんだ。彼は偉大なチャンピオンで恐ろしい相手だけど、メキシカンが彼を倒す時が来たんだ。」と語っている。

Sponsor Link

王者・三浦隆司は、試合前1ヶ月を切った今、東京の帝拳ジムで海外から招いたスパーリング・パートナーとハードなトレーニングをしている。フランシスコ・バルガス戦に向け、海外から4人のスパーリング・パートナーを招き計12ラウンドのスパーリングを消化したという。三浦隆司は、「4選手を相手にするのは初めての経験」スパーリングをとおして、良かった点、悪かった点が有った。これらをフィードバックすると語っている。

三浦隆司は、同興行に行なわれるWBC世界ミドル級王者・ミゲール・コット(プエルトリコ)、サウル・”カネロ”・アルバレスのセミ・ファイナルを務める。この試合は、HBO、ペイパー・ビューで中継されることが決定。観戦チケットの殆どはソールド・アウトとなっており、試合が行われるラスベガスでは、MGMリゾーツが主催するクローズ・サーキット以外ではTV観戦することは出来ない。

また、同興行のペイ・パー・ビュー(PPV)カードで、ノンタイトル・フェザー級10回戦、WBC世界フェザー級ランク2位のジェイソン・ベレス(プエルトリコ)、ロニー・リオス(メキシコ)の対戦カードが追加されている。

関連記事:
最新情報、三浦隆司、バルガス、プレス・リリース

(Via: ・帝拳
boxingscene