米国現地時間、2015年10月13日、アリゾナ州グレンデールにあるヒラ・リバー・アリーナで、IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)は、元3階級制覇王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)を相手に初防戦を迎える。

リー・セルビーは、大物アドバイザーのアル・ヘイモンと契約後、モンティエルとの防衛戦が米国初のデビュー戦となる。「モンティエル戦は勝つことができる。レオ・サンタ・クルスのような世界王者とのビッグ・ファイトが欲しい。

レオ・サンタ・クルスが俺との戦いに言及したのは知っているよ。俺は、レオとの戦いを望んでいる」モンティエルとの初防衛戦を控えたリー・セルビーは、早くも2016年ビッグファイトを望んだ。

リー・セルビーは、ヘイモンと契約したことにより、ヘイモン傘下であるWBA世界フェザー級レギュラー王者ヘスス・クエジャール、WBAスーパー王者・レオ・サンタ・クルス、WBC王者・ゲーリー・ラッセルJr.との対戦は現実的と言え米国でのデビュー戦は、2016年ビッグファイトに繋げる重要な試合となる。

Sponsor Link

試合は、アル・ヘイモンが陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)で行われ、ESPNにて(午後9時/ET時間、午後6時/PT時間)にて中継される。興行のメインカードは、ノンタイトル・ウェルター級10回戦、元世界王者デヴォン・アレキサンダー、アーロン・マルチネス(メキシコ)の試合が行なわれる。

デヴォン・アレキサンダーは、「また、リングに戻れることに興奮しているよ。俺がまだ、トップファイターであることを皆に証明することを望んでいる。この試合はプライム・タイムで行なわれる大きな試合だ。これから、トレーニング・キャンプでのことを整理して確認するよ。戦いの日は、メンタル、フィジカル全て100%だよ」2014年12月アミール・カーンに敗戦後、ウェルター級トップ戦線への参戦を強調した。

マルチネスは「デヴォン・アレキサンダーのような偉大なファイターと大舞台で試合を行う機会が得られたことに感謝している。アリゾナには、大きなメキシコのボクシング・コミュニティがあるんだ。彼らファンからのサポートを楽しみにしているよ」と語っている。

関連記事:
リー・セルビー、レオ・サンタ・クルスとの対戦を望んだ!

(Via: ESPN Boxing