IBF世界スーパーライト級王座決定戦が、米国現地時間2015年12月5日、ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターで、同級ランキング1位のデニス・シャフィコフ(ロシア)、同級3位のランセス・バルテレミ(キューバ)で争われることが決定した。

試合は、WBA世界ミドル級レギュラータイトルマッチ、王者・ダニエル・ジェイコブス(米)、挑戦者・ピーター・クィリン(米)のアンダーカードで構成され、Showtime(米・ボクシング中継局)が試合を中継する。

前IBF世界ライト級王者ミッキー・ベイ(米)は、2015年7月18日中国マカオで、デニス・シャフィコフと初防衛戦が決まっていたが、報酬面で同意できず王座を放棄している。

Sponsor Link

ミッキー・ベイとデニス・シャフィコフは、2015年4月30日試合が行われる予定だったが、ベイが報酬、$20,000(日本円で約2400万円)に不満を示し出場を辞退。その後、IBFの入札が行われ、トップランク(米ボクシング・プロモーター)が、$78000で興行権を落札。メイウェザー・プロモーションズは入札を辞退している。

ミッキー・ベイ7は75%の$58,500(約700万円)、デニス・シャフィコフが25%、$19500(約230万円)の報酬が約束されていた。

IBFライト級王座を返上したミッキー・ベイは、米国現地時間2015年9月29日、ネバタ州ラスベガスにあるパームス・カジノ&リゾートで、オスカー・コルテス(メキシコ)を相手に、約1年振りにリングへ復帰することが決まっている。

関連記事:
王座放棄!ベイ、IBFはバルテレミ、シャフィコフ王座決定戦を指令

(Via: boxingscene