2015年9月21日〜2015年9月27日までの世界のボクシング、海外ニュース情報、気になるトピックをまとめました。ボリュームがあるので目次をつけたので気になる記事を御覧ください。

1. 今週の人気記事TOP5

・1位 ノニト・ドネア、次戦は2015年12月ウォータースと共演か?! 6,602 PV

・2位 バルガス、三浦のメキシカン連勝ストップを約束 5,791 PV

・3位 クイッグ、ドネア消滅 クイッグはフランプトン戦実現へ 4,596PV

・4位 ガルシア、カーンとの再戦を希望か?! 3,536PV

・5位 最強王者ロマゴン、PFPランキング1位を獲得 3,221PV

Sponsor Link

2. ノニト・ドネア、次戦は2015年12月ウォータースと共演か?!

photo source by:RingTV

photo source by:RingTV

トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)は、ノニト・ドネア(フィリピン)の次戦を2015年12月12日に検討していることを明かした。トップランクは、ドネアの対戦候補として、WBA世界スーパーバンタム級レギュラー王者スコット・クイッグ(英)を上げていたが交渉が決裂している。

記事:ノニト・ドネア、次戦は2015年12月ウォータースと共演か?!

3. バルガス、三浦のメキシカン連勝ストップを約束

photo credit by:The Ring Magazine

photo credit by:The Ring Magazine

帝拳プロモーションズ 本田会長の言葉どおり、WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司は次戦、ラスベアスでのビッグ・ファイトが正式に決定した。試合は、米国現地時間2015年11月21日、ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ イベント・センターにて、WBC世界スーパーフェザー級1位のフランシスコ・バルガス(メキシコ)を相手に5度目の防衛戦を行う。

記事:バルガス、三浦のメキシカン連勝ストップを約束

4. クイッグ、ドネア消滅 クイッグはフランプトン戦実現へ

photo source by:RingTV

photo source by:RingTV

トップランク(米・ボクシング・プロモーター)ボブ・アラム氏は、2015年11月21日に実現へ向け交渉が進められていたWBA世界スーパーバンタム級レギュラー王者・スコット・クイッグ(英)と、自身がプロモートするノニト・ドネア(フィリピン)の対戦交渉は2015年内に実現する見通しがないことを明らかにした。

記事:クイッグ、ドネア消滅 クイッグはフランプトン戦実現へ

5. ガルシア、カーンとの再戦を希望か?!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

ポール・マリナッジとのウェルター級テスト・マッチに明白に勝利した、次期ウェルター級スター候補の1人ダニー・ガルシア(米)は、次戦アミール・カーン(英)とのリマッチを考えていることを明かした。

記事:ガルシア、カーンとの再戦を希望か?!

6. GGG,レミュー、PPVアンダーカードがほぼ確定

image source to:The Ring

image source to:The Ring

WBA・WBOヘビー級トップコンテンダーの1人、ルイス・オルティス(キューバ)が、WBA世界ヘビー級ランキング15位のマシアス・アリエル・ビドンド(アルゼンチン)とWBA暫定世界ヘビー級王座決定戦を行うみとおしであることが明らかとなった。

記事:GGG,レミュー、PPVアンダーカードがほぼ確定

7. プロボドニコフ、次戦は2015年11月7日米・ニューヨーク開催が有力

file_180229_2_bradley_provodnikov_weighin_1_20130315_2026101534

関係者の話しによると、元世界王者・ルスラン・プロボドニコフ(ロシア)の次戦の対戦候補に、ライト級トップコンテンダーのピーテル・ペトロフ(ロシア)WBO世界ライト級3位が浮上していることが明らかとなった。試合は、米国現地時間2015年11月7日、ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催される予定。

記事:プロボドニコフ、次戦は2015年11月7日米・ニューヨーク開催が有力

8. マルコス・マイダナ復帰戦は2016年を予定

image source  to:The Ring

image source to:The Ring

2014年、マルコス・マイダナ(アルゼンチン)は、フロイド・メイ ウェザーJr.と2試合し、2015年リングから遠ざかっている。マイダナのマネジメントを務めるセバスチャン・コントゥルジ氏は、米・ボクシングメディアのESPN.comのインタビューで、復帰戦は2016年となり2015年内に試合をする予定がないことを明かした。

記事:マルコス・マイダナ復帰戦は2016年を予定

9. ルーカス・マティセ、2016年ウェルター級参戦を示唆

image source to:RingTV

image source to:RingTV

元WBC世界スーパーライト級暫定王者・ルーカス・マティセ(アルゼンチン)が、2016年のファイト・プランにウェルター級への参戦を視野にいれていることが明らかとなった。マティセは次戦、2015年10月3日、米・カリフォルニア州カーソンズにあるスタブハブ・センターで、WBC世界スーパーライト級王座決定戦を、WBCランキング1位のビクトル・ポストル(ウクライナ)と争う。

記事:ルーカス・マティセ、2016年ウェルター級参戦を示唆

10. カネロ、HBOとの契約から1年が経過

photo credit by:badlefthook

photo credit by:badlefthook

次世代のスーパースター候補、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)が、米国現地時間、2014年9月24日カリフォルニア州・ロサンゼルスで、HBO(米・ボクシング中継局)と独占契約を交わしてから1年が過ぎた。当時、記者会見には、カネロをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏、HBO ケン・ハーシュマン氏が出席。

記事:カネロ、HBOとの契約から1年が経過

11. 続報、フランプトン、クイッグ統一戦の行方

image source to:The Ring Magazine

image source to:The Ring Magazine

IBF世界スーパーバンタム級王者カール・フランプトンは、英国で待望視されているWBA世界スーパーバンタム級レギュラー王者との統一戦の交渉が大詰めを迎えていると、ベルファスト・ニュースに語っていることが明らかとなった。フランプトンは、交渉が再開されたと述べ、合意に向けいくつかの課題はあるが、平行線であった交渉は大詰めを迎えていると述べている。

記事:続報、フランプトン、クイッグ統一戦の行方

12. 今週の主な試合

9/29 PBC FS1

・WBA世界スーパーフェザー級レギュラータイトルマッチ
ハビエル・フォルトゥナ vs カルロス・ペラスケス

・ノンタイトル ライト級 10回戦
ミッキー・ベイ vs オスカー・コルテス

10/3 HBO

・WBC世界スーパーライト級王座決定戦
ルーカス・マティセ vs ビクトル・ポストル

・ノンタイトル スーパーライト級 10回戦
アントニオ・オロスコ vs ウンベルト・ソト

10/3 Showtime

・WBA世界スーパーライト級王座決定戦
エイドリアン・ブローナー vs カビブ・アーラフベルディエフ

・IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
ホセ・ペドラサ vs エドナー・チェリー

10/3 東京

・ノンタイトル スーパーウェルター級 10回戦
亀海喜寛 vs マイク・ミラフェンテス

・ノンタイトル フェザー級 10回戦
下田昭文 vs ジェリー・ナルド

13. 今週のWOWOW 9/28

WOWOWライブ 午後9時
・WBA世界フェザー級スーパー王座決定戦
レオ・サンタ・クルス vs アブネル・マレス

・ノンタイトル スーパーフェザー級 10回戦
ジョニー・ゴンサレス vs ジョナサン・オケンド