帝拳プロモーションズ 本田会長の言葉どおり、WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司は次戦、ラスベアスでのビッグ・ファイトが正式に決定した。試合は、米国現地時間2015年11月21日、ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ イベント・センターにて、WBC世界スーパーフェザー級1位のフランシスコ・バルガス(メキシコ)を相手に5度目の防衛戦を行う。

同興行のメインイベントは、WBC世界ミドル級タイトルマッチ、ミゲール・コット、サウル・アルバレスの一戦が行なわれる。試合は、HBO(米・ボクシング中継局)がPPV(有料)で中継され、三浦、バルガスの一戦は、興行のセミ・ファイナルで予定。また、PPV枠としてIBF世界バンタム級王座統一戦、正規王者、ランディ・カバジェロ(米)、暫定王者、リー・ハスキンスの一戦も決定している。

Sponsor Link

フランシスコ・バルガスは、メディアのインタビューで「俺は、この時がきて嬉しく思っているよ。世界戦のチャンスが来るまでハードな練習をしてきたんだ。三浦が強い王者であることは知っている。でも、それが俺のモチベーションにもなっているし、俺は世界王者になりたい。チームとも非常に良い準備ができているよ。

この試合は、メンタル、技術、スキル、フィジカル、全てが良い条件で揃わなければならない。彼が戦ってきたメキシカンは、ベストとは無かったと思うんだ。メキシカンに連勝し”メキシカン・キラー”とする彼に勝利すれば、世界中から注目されることになるよ。今、コンディションの調整をしている。」と三浦隆司のメキシカン連勝記録をストップし、ベルトをメキシコに持ち帰ることを約束した。

関連記事:
正式決定!ミゲール・コット、サウル・カネロ・アルバレス次戦2015年11月21日に決定

(Via: boxingscene