関係者の話しによると、元世界王者・ルスラン・プロボドニコフ(ロシア)の次戦の対戦候補に、ライト級トップコンテンダーのピーテル・ペトロフ(ロシア)WBO世界ライト級3位が浮上していることが明らかとなった。試合は、米国現地時間2015年11月7日、ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催される予定。

プロボドニコフをプロモートするバナー・プロモーションズは、HBO(米・ボクシング中継局)から、ライバル局であるShowtimeへの契約を移行するという。プロボドニコフとバナー・プロモーションズは、トップランク傘下のブランドン・リオスとのマッチメイクを望むも、試合を中継するHBOが、ティモシー・ブラッドリー(米)、ブランドン・リオス(米)との試合に興味を示し、対戦実現には至らなかった。

Sponsor Link

プロボドニコフを務めるマネージャーは、ブランドン・リオスとの対戦を望むもトップランクによって阻まれたとし、不満を抱いていた。プロボドニコフは、HBOとの契約も終わりフリーの身となりHBOではなく新たな活路を見出してくことになった。

Showtime Sports副社長 スティーブン・エスピノーサ氏は、プロボドニコフの次戦に、アミール・カーン(英)を上げていた。しかし、カーンは、プロボドニコフ戦を否定。マニー・パッキャオとの対戦に固執している。

プロボドニコフは、直近で大きな試合、クリス・アルジェリ、ルーカス・マティセに敗戦。試合は”Fight Of The Year 2015”候補とも言われ激闘で試合内容も良かったが、ビッグマッチを目指すには結果を出さなければならないのは事実だろう。

 何れにしても、プロボドニコフがShowtimeと正式に契約を果たせば、2016年以降、スーパーライト、ウェルター級でのビッグ・ファイトが見られそうだ。

関連記事:
カーン、次戦プロボドニコフと2015年11月7日開催に向け交渉が開始

カーン、プロボドニコフ戦を否定!次戦はパッキャオ戦を希望

(Via:boxingscene