”シベリアン・ロッキー”の異名を持つロシアの”ウォーリアー”ルスラン・プロボドニコフと交渉が進行中のアミール・カーン(英)は、米・ボクシングメディアESPN.comへ、プロボドニコフとの対戦を否定。「プロボドニコフと試合?その噂は真実ではない。これから、パッキャオ戦に向けて交渉を開始する」とプロボドニコフ戦を否定し、パッキャオ戦に意欲を示していることを明らかにした。

パッキャオをプロモートするトップランク CEO ボブ・アラム氏は、アミール・カーンが次戦の対戦候補にマニー・パッキャオ(フィリピン)を上げていることを確認し、ボブ・アラム氏自身も、マニー・パッキャオの復帰戦の相手としてアミール・カーンを上げている。

Sponsor Link

アミール・カーン、マニー・パッキャオは、プロモーターの関係性から実現するにはハードルは高い。アミール・カーンは、トップランクと相反する「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)の陣頭指揮を執るアル・ヘイモン氏の傘下の選手。トップランクは、アル・ヘイモン氏に1億ドルの訴訟を起こしている。

しかし、アミール・カーン、ボブ・アラム氏は、パッキャオ戦の実現は、プロモーターの障害は問題にはならないという。ボブ・アラム氏は、マッチメイクにも関与しているアミール・カーンの父、叔父とプロモーター間の問題について対処していると述べている。

アミール・カーンは、2016年第1四半期を目標にパッキャオ戦を実現したいと述べている。カーンは、フロイド・メイウェザーJr.との対戦実現に意欲を示していたが叶わず、ダニー・ガルシアに敗戦した以来、ビッグマッチから遠のき、クリス・アルジェリ戦では、予想外の苦戦を強いられた。果たして、ビッグマッチは実現するのか。

関連記事:・カーン、次戦プロボドニコフと2015年11月7日開催に向け交渉が開始

2015年後半、ウェルター級中心選手の今後の展望

(Via: ESPN