元WBA世界フェザー級スーパー王者ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)の次戦が、2015年12月12日に計画されていることが明らかとなった。現地時間8日、ウォータースをプロモートするトップランク(米・ボクシングプロモーター)ボブ・アラム氏は、ウォータースの次戦をHBO(米・大手ボクシング中継局)のアンダーカードで調整しているとESPN.comへ話している。

ボブ・アラム氏は、ウォータースの対戦相手については未定、次戦はスーパーフェザー級で計画していると述べている。興行は、トップランクではなくHBOが中継する予定の他のプロモーター主催のアンダーカードとして行なわれる予定だという。詳細にについては、ボブ・アラム氏、HBOともに控えている。また、ボブ・アラム氏は、対戦候補について、復帰戦がまたれるユリキス・ガンボア(キューバ)は候補ではないと語っている。

Sponsor Link

以前、ボブ・アラム氏は、ニコラス・ウォータースの対戦候補に、ユリキス・ガンボアを上げていた。今後の、ガンボアの動向次第では対戦の実現性は限りなく低いだろう。ガンボアは、所属するSMSプロモーションズが破産したことにより契約解除を要請。メイウェザーと友好関係にあるガンボアは、メイウェザー・プロモーションズと契約をする可能性が高い。契約が決まれば、トップランク、メイウェザー・プロモーションズの関係性から、両雄の対戦実現はハードが高くなる。

「私は、メイウェザー・プロモーションズの興行で試合をすることを、50セントから許可を得たことに感謝している。今年は、100%試合をすることになるだろう」とガンボアは述べている。メイウェザー・プロモーションズは、アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)の興行も主催していることから、ガンボアの復帰戦はPBCのリングになる見通しが高い。

関連記事: ガンボア復帰戦はヘイモンが主催するPBCのリングか?!

(Via: ESPN Boxing