米国現地時間、2015年10月17日ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデンで3度目の防衛戦を控えるWBC世界フライ級王者・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)は、現地時間9月7日コスタリカにある首都サン・ホセへ、トレーニング・キャンプをはることが明らかになった。

ローマン・ゴンサレスは、米カリフォルニア州にあるビッグベアー・レイクでトレーニング・キャンプを予定していたが、同行するスパーリング・パートナーの米国入国のビザの取得に2週間以上掛かることが判明。ローマン・ゴンサレス陣営は、急遽トレーニング・キャンプをニカラグアの隣国コスタリカへ変更した。

現在、ローマン・ゴンサレスのスーパーリング・パートナーを選考しているという。ゴンサレスのトレーナーを務めるオハンド氏によると、スパーリング・パートナーには、ビロリアによく似たカルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)、ヘンリー・マルドナード(ニカラグア)の2人が候補として上がっている。

Sponsor Link

ローマン・ゴンサレス陣営は、母国ニカラグアは騒々しくトレーニングには集中できないと話している。コスタリカでのトレーニングは約一ヶ月間を予定。今後、ゴンサレス陣営はニカラグアには帰国せずに拠点を移すことも検討していると話している。

また、対戦相手となるブライアン・ビロリアもビッグベアー・レイクでトレーニング・キャンプをはるという。

試合まで2ヶ月を切った。PPVアンダーカードは全ては決まっていない。ルイス・オルティス、元WBC世界ヘビー級王者バーメイン・スティバーン(カナダ)の対戦交渉が行われていたが、すティバーン陣営がオファーを断り交渉が決裂。ルイス・オルティスのPPVアンダーカードでの出場は決定しており、数日中に対戦候補を絞り決定する運びだという。

関連記事:続報!GGG、レミュー、アンダーカードにルイス・オルティス、バーメイン・スティバーンか?!

(Via: boxingscene