WBO世界スーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米)の次戦は、2015年10月24日、米・ネブラスカ州オマハで、WBO世界スーパーライト級6位のディエリー・ジャン(カナダ)を相手に防衛戦をすることが濃厚であることが、テレンス・クロフォードのマネージャーを務めるキャメロン・ダンキン氏から明らかとなった。

キャメロン・ダンキン氏は、8月17日、「私は、今朝にテレンス・クロフォードと契約について話たよ、これから最終合意に向けて契約をするところだ。我々は全て準備ができているよ」とコメントしている。

Sponsor Link

キャメロン・ダンキン氏は、2016年、テレンス・クロフォードとTV中継を契約する米・ボクシン中継局HBOと3試合の契約を得るよう交渉中であることを明かし、タイミングがあえば4試合目をPPV(有料放送)で行いたいと、来年以降のファイト・プランについて話している。

ダンキン氏によると、2015年テレンス・クロフォードは2試合を予定。次戦に行なわれる予定の2015年10月24日が今年最後の試合になりそうだ。2016年以降、クロフォードをプロモートするトップランク、マネージャーのダンキン氏は、試合数を増やす方向で考えている。プエルトリカンのフェリックス・ベルデホとの対戦計画もあることから2016年の防衛ロードも楽しみだ。

関連記事:テレンス・クロフォード次戦の対戦候補

(Via: boxingscene)