米国現地時間2015年11月21日、ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・ホテル&カジノで、世界中のボクシング・ファン待望のメガ・ファイト、プエルトリカン・レジェンド WBC世界ミドル級王者 ミゲール・コット(プエルトリコ)とメキシカン・スター、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)が試合をすることが正式に決定した。

試合は、WBC世界ミドル級タイトルマッチ”155”パウンドのキャッチウェイトで行なわれる。興行は、ミゲール・コットのプロモーター、ロック・ネイション・スポーツ(RNS)、カネロをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモショーンズ(以下GBP)で共同開催される。試合は米・大手ボクシング中継局HBOでPPV(有料放送)で中継。

PPV価格は決まってないが、RNS)マイケル・ヨーマーク氏は、100ドル以下になると述べている。また、プロモーション・ツアーが、米ロサンゼルス、ニューヨーク、プエルトリコ、複数の都市で計画。間もなく、プロモーターより公式発表される見込みとなっている。

アンダーカードは正式に発表されていないが、噂でアンドレ・ウォードが出場するという話がでてきている。

Sponsor Link

再試合条約は無し

コット、カネロの試合は数週間前に、2015年11月21日、米ネタバ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイで行うことが確定したが、再試合条約に関し両陣営で同意ができずに正式決定が遅れていた。GBP)デ・ラ・ホーヤ氏は、RNSと、契約内容に、再試合条約を含まないことで合意したと述べている。

11/21になった背景

両陣営は、ラスベガスでの開催に合意していたが開催日程の最終的な調整が行われれいた。ラスベガスの試合会場は、MGMグランド・ガーデン・アリーナ、マンダレイ・ベイで検討され、マンダレイ・ベイに決定した。MGMグランド・ガーデン・アリーナが有力とされていたが、11月21日は既に別イベントで予約されていた。

11月7日にMGMグランド・ガーデン・アリーナの会場を確保することができたが、同日夜に米・4大ネットワークの1つCBSにて、アメリカンフットボールの試合が中継されることから、プロモーターはCBSとの競合を避けるべく開催日程を11月21日、マンダレイ・ベイに変更した。

ボクシング・ファンが望む試合になる!

image source to:The Ring

image source to:The Ring

試合が決定したコットは、「俺は、ボクシング・ファンが望んでいる試合を実現するよ。キャリアの中でベストなファイターを選び試合をしてきた。カネロ戦は、準備が出来ているよ。過去にプエルトリカン、メキシカンが伝説のファイトを繰り広げたように、この一戦は本物の試合でボクシング・ファンは楽しむことができるよ」とコメント

photo credit by:badlefthook

photo credit by:badlefthook

対するカネロは、「過去に実現したメガマッチは、ボクシング・ファンが望んだことにより実現してきたんだ。コットとの試合も長い間、多くのボクシング・ファンが望んでいた。コットとの試合が実現したことは本当に嬉しい。俺にとってこの試合は特別な試合だよ。プエルトリカン、メキシカンの試合は歴史的な試合も多い。この試合は、ボクシング・ファンが望んでいる試合をすることを約束するよ」とコメント

一度は消滅した、コット、カネロ戦が遂に実現する。WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、コット、カネロ両陣営に、勝者はWBC世界ミドル級暫定王者ゲンナディ・ゴロフキンと次戦に統一戦をすることを義務付けている。

チケットの詳細、アンダーカードが分かり次第続報する。

(Via: LA Times