WBO(世界ボクシング機構)は、WBO世界ウェルター級王者・ティモシー・ブラッドリー(米)の義務的な防衛戦の相手として、WBOウェルター級1位のサダム・アリ(米)との対戦を指令。両陣営に交渉を開始するよう通達した。トップランク、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)は30日間の交渉期間が与えれら、交渉が纏まらない場合、興行権は入札となる。

ブラッドリーをプロモートするトップランク ボブ・アラム氏は、2015年12月12日米カリフォルニア州イングルウッドの「The Forum」でティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオスの対戦を計画している。

ボブ・アラム氏は、ティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオスの試合を、HBO(米・大手ボクシング中継局)での中継を計画。ブラッドリーの対戦相手がサダム・アリでは、ネーム・バリューが乏しくHBOでの中継は難しい判断。サダム・アリをプロモートするGBPに対し試合を辞退することを望んでいるという。

Sponsor Link

トップランク、GBPは、ティモシー・ブラッドリーとサダム・アリの試合を2016年に行う計画していたが、WBOが指名戦を指令したことで対戦の時期が早まった。2008年北京五輪に出場、WBOウェルター級1位に君臨するプロスペクト(次期スター候補)の1人だ。

トップランクは、ブランドン・リオスとIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)との対戦を計画していたが、再試合条件で両陣営が同意できず交渉が決裂。トップランクはビッグマッチを模索している。

トップランクはウェルター級傘下のファイターは少なくビッグマッチが難しい。現状、ウェルター級の中心ファイターはアル・ヘイモン傘下のファイターが中心。ティモシー・ブラッドリー、ブランドン・リオスはHBOも興味を示しネーム・バリューがあることから視聴率も見込め、興行的にも成功する試算が高いことからトップランク陣営としては実現させたいのが本音。

一方、サダム・アリは、2015年10月17日米・ニューヨークにあるマディソン・スクウェア・ガーデンで行なわれるゴロフキン、レミューのアンダーカードに出場する噂も有り、今後の、トップランク、GBPの交渉に注目が集まる。

(Via: LA Times