マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、プロモートするIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)の次期防衛戦にディエゴ・チャベス(アルゼンチン)を候補にあげていることを明らかにした。

エディ・ハーン氏は、ケル・ブルックの次戦を2015年10月に計画。間もなく次戦の日程と、対戦相手を確定する。「多くのボクサーはケル・ブルックと試合をしたくないだろうね。それはケル・ブルックの強さを分かっているからだ」と述べている。

数週間前、IBF(国際ボクシング連盟)は、IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦に、ディエゴ・チャベス、ケビン・ビジェの対戦を指令。両陣営に対戦交渉するよう通達していた。

ビジェをプロモートするイボン・ミシェル氏は、ディエゴ・チャベス陣営と対戦について同意。対戦の交渉を開始することを明らかにしている。ケル・ブルック、ディエゴ・チャベスの交渉が纏まった場合、我々はIBFが指名する誰とでも向き合うことが出来ると述べている。

Sponsor Link

ブルック、リオスとの交渉は決裂

ケル・ブルックは次戦、ブランドン・リオスとの対戦交渉が上がっていたが、再試合条件、交渉条件でお互い同意できず交渉は決裂。2人をプロモートするトップランクは、ブランドン・リオス、ティモシー・ブラッドリーとの対戦を計画し現在交渉が進められている。

記事:ティモシー・ブラッドリー、リオス、次戦11月7日に対戦か?!

ケル・ブルックは、次期スター候補がひしめき合うウェルター級で総合的にみてもNo.1のトップファイターだろう。元IBF世界ウェルター級王者ショーン・ポーターと対戦では、クリンチ・ワークを巧みに使いポーターの良さをかき消し、自分の距離を保ちそこから繰り出す右ストレートのカウンター、ワンツーを的確に当て、ポーターを追い詰め(2-0)の判定勝利を収めている。

英国でも絶大な人気を誇るケル・ブルックは次戦以降は、アミール・カーン(英)とのビッグマッチが望まれている。

(Via: boxingscene