ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)は、2015年10月3日、米・カリフォルニア州カーソンズにあるスタブハブ・センターでWBC世界スーパーライト級王座決定戦を行うことを正式に発表。WBC世界スーパーライト級2位のルーカス・マティセ(アルゼンチン)、同級ランキング1位のビクトル・ポストル(ウクライナ)の間で争われる。

試合は、米・大手ボクシング中継局HBO(After Dark)で中継。チケットは、米国現地時間7月31日午前10時より開始。チケット価格、25ドル、50ドル、75ドル、150ドル。チケット代金に別途サービス料金+税金が掛かる。

Sponsor Link

試合が決まり、ビクトル・ポストルの映像を見たルーカス・マティセは、「ポストルは、距離のとり方が上手く、左も速い。アイドゥンをノックアウトしたのは見事だし彼は優れたボクサーだと思う。でも私が、WBC世界スーパーライト級王者になることを確信しているよ」と自信に満ちたコメントをしている。

ルーカス・マティセは、2年後に引退することを表明。タイトルマッチを2,3回防衛その後は、故郷アルゼンチンに帰郷すると語っている。マティセは、アマチュア時代からスーパーライト級であり、ウェイトに関しては問題ないが、ウェルター級でのビッグマッチを望み、故郷アルゼンチンのルナ・パークで試合をすることが夢だと語っている。

関連記事:マティセ、2年後に引退を示唆、マニー・パッキャオとの試合を希望

(Via: The Ring