WBC世界ライト・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソン(カナダ)は、SNS(Twitter)を介し、2015年9月11日、カナダ、トロントでWBC世界ランキング9位のトミー・カーペンシー(米)を相手に6度目の防衛戦を行うことを発表。試合は、アル・ヘイモン氏が率いる「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)で開催され、SpikeTVで中継される予定となっている。

https://www.youtube.com/watch?v=-icWU2RI7_g

トミー・カーペンシーは、2014年10月に元WBC世界L・ヘビー級王者チャド・ドーソンと対戦し、10回判定勝利を収め世界ランキング入り。2012年2月、ネイサン・クレバリーが持つWBO王座へ挑戦し、12回判定負け。2012年11月、アンドレイ・フォンファラと対戦し7回TKO負けを喫している。

Sponsor Link

スティーブンソンは、2015年4月カナダ、ケベック・シティで元WBC世界S・ミドル級王者サキオ・ビカと対戦し、3-0の判定勝利を収め5度目の防衛に成功している。カーペンシーはスピードは有るが、ビッグマッチが望まれるスティーブンソンの対戦候補として、インパクトが弱いかもしれない。

ボクシング・ファンから待望視されている、セルゲイ・コバレフとの対戦は、TV局との関係も有り実現にはハードルが高い。セルゲイ・コバレフは、IBF指名挑戦者のモハメディを初回に圧倒。スティーブンソンが、カーペンシーを相手にインパクトのある試合が出来れば、2016年以降、セルゲイ・コバレフとの4団体統一戦が望まれることは間違いない。

(Via: The Ring