WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、2015年8月29日米・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステープルズ・センターで行われる、レオ・サンタ・クルス(メキシコ)とアブネル・マレス(メキシコ)の試合にWBCダイアモンド王座を認定するよう理事会へ投票したことを明らかにした。

以前、マウリシオ・スライマン会長は、この戦いに「WBCダイアモンド王座」が要求されていたことを明らかにしている。この試合は、アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(PBC)で開催され、午後10時(ET時間)・午後7時(PT時間)からESPNで中継される。

もし、サンタ・クルスがマレスに勝利した場合は、スーパーバンタム級に留まるか否かを決定する必要がありタイトルを保持する場合には、同興行で予定されている。ウーゴ・ルイス、フリオ・セハとの勝者と対戦することがWBCより、義務付けられている。

Sponsor Link

サンタ・クルス、マレスの勝者は、WBC世界フェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr.の挑戦者となることが濃厚だが、WBCはラッセルJr.は次戦、カステジャノスとの指名戦を指令。カステジャノスは、GBP所属のファイターで、指名戦が実現するかは不透明性が高い。

WBCダイアモンド王座認定について明確な規定はない。全てはWBCの裁量で判断され決定される。しかし、この戦いが「WBCダイアモンド王座」に相応しいかは疑問が残る。2人とも実力者に違いはないが、サンタ・クルスはWBCランキングの関係もあるが、スーパーバンタム級での強者との対戦は無く。マレスに限っても、記憶に残った試合は無い。

主要4団体に王者が4人以上いる中で、「WBCダイアモンド王座」は差別化的な意味合いが強いと認識している。王座も大事だが、今はファイター自身のブランディングが大事。最終的には「誰と戦ったが」最も問われることは確か。差別化を図るのであれば、規定をもっと明確にするべきだろう。

関連記事:ダイヤモンド王座か!サンタ・クルス、アブネル・マレス、次戦は2015年8月29日に予定

(Via: boxingscene)