Showtimeスポーツ 副社長スティーブン・エスピノーザ氏は、親会社である米国地上波大手CBSが、フロイド・メイウェザーJr.へ3試合の延長交渉がされている件について否定。CBS/Showtimeは、フロイド・メイウェザーJr.の契約を延長することに関して何も議論されていない。フロイド・メイウェザーJr.のラスト・ファイトは、2015年9月12日だと述べている。

エスピノーザ氏は、噂されているShowtime/CBSの契約延長交渉について否定。今後、Showtime/CBSでフロイド・メイウェザーJr.と契約延長取引を行う計画がないことを明かしている。しかし、エスピノーザ氏は、フロイド・メイウェザーJr.が50戦目の復帰戦を行うシナリオが実現した際は、Showtimeと共に仕事をすると確信していると述べている。

Sponsor Link

エスピノーザ氏は、我々は、フロイド・メイウェザーJr.と良好なビジネス・パートナーだ。メイウェザーJr.との契約5試合で1000PPVを売り上げた。フロイド・メイウェザーJr.がカムバックするのであれば、我々に先ず最初に連絡がくるだろうと、メイウェザーJr.が復帰した際は再度、共にビジネスすることを望んでいることを明かした。

9月12日の試合は、Showtimeの親会社にあたる米国地上波・CBSで中継される噂があるが、直近の噂ではShowtime PPV中継となる話もある。米・ボクシングメディアでは、次戦の発表が遅れている理由として、将来的にフロイド・メイウェザーJr.が50戦目を行うか否か。Showtime/CBSは50戦目の確約が欲しいことを上げている。

(Via: boxingscene