ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は、WBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレスの次戦は、2015年10月、リナレスの母国ベネズエラで防衛戦を行うと発表した。日程は決まっていないが10月17日が候補。対戦相手は未定となっている。

オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は、ベネズエラでの防衛戦の後に、ケビン・ミッチェル(英)との再戦を受け入れると話している。デ・ラ・ホーヤ氏は、「ミッチェルとの試合は、素晴らしい試合だった。我々は、ミッチェルとの再戦の可能性を視野にいれている」とミッチェルとの再戦に興味を示している。

Sponsor Link

https://www.youtube.com/watch?v=JUTr99Uuq4k

ホルヘ・リナレスの次戦の対戦候補は、WBA世界ライト級レギュラー王者ダルレイ・ペレス(コロンビア)とのWBC・WBAの王座統一戦。イバン・カノ(メキシコ)、ロッド・サルカ(米)が上がっている。ペレスは7月18日、英国でアンソニー・クローラ(英)と対戦し、引き分け。リナレス陣営は、WBA王者ダルレイ・ペレスとの統一戦に意欲を示している。

リナレスの2度目の防衛戦をクリアした後、はやくもミッチェルとの再戦が浮上したが、WBC(世界ボクシング評議会)は、ホルヘ・リナレスのもつWBC世界ライト級の次期指名挑戦者として、デシャン・ツラティカニン(モンテネグロ)を承認している。