WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、2015年8月29日、米・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターで行われる予定の、WBC世界スーパーバンタム級王者、アブネル・マレスの試合に「WBCダイヤモンド王座」の要求があったことを明かした。

レオ・サンタ・クルスは、WBCへ、アブネル・マレスとの試合の後に、スーパーバンタム級に留まるかフェザー級へ移行するのか決定の許可を得たという。

レオ・サンタ・クルス、アブネル・マレスの試合は公式発表は未だされていないが、両陣営は合意したことをLA Timesに話している。試合は、アル・ヘイモンが陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」で開催。ESPNでプライム・タイムに中継される予定となっている。

Sponsor Link

ダイヤモンド王座はWBCの判断で決まる

現段階では、レオ・サンタ・クルス、アブネル・マレス戦が「WBC世界フェザー級ダイヤモンド王座」がかけられるかは不明。ダイヤモンド王座には明確な規定が無いことから、全てはWBCの裁量と判断で決定されると言っていいだろう。

過去にWBCダイヤモンド王者として、マニー・パッキャオ、バーナード・ホプキンス、フロイド・メイウェザーJr.、ノニト・ドネア、ジャン・パスカル、セルゲイ・コバレフが認定されている。

レオ・サンタ・クルス、アブネル・マレスの勝者は、WBC世界フェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr.との対戦が計画されている。サンタ・クルス、マレスは、過大評価されているという声も多い。勝者は、ゲーリー・ラッセルJr.含めフェザー級の実力者との対戦が求められる。

関連記事:合意間近!サンタ・クルス、マレスが次戦2015年8月29日に対戦することが内定

(Via: WBN)