2015年11月開催へ向け交渉が進められている、WBC世界ミドル級王者ミゲール・コット、メキシカン・スター、サウル・”カネロ”・アルバレスのメガ・ファイトが、ミドル級リミットを5パウンド下回る155パウンドキャッチ・ウェイトになることが決定。現段階では、タイトルマッチになるかは不明。コット、カネロの両陣営がウェイトに関して合意したことを、米・ボクシング専門チャンネルのESPNに明らかにした。

興行はコットをプロモートするロック・ネイション・スポーツ(RNS)、カネロをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)開催、HBO(米・大手ボクシング中継局)がPPV(有料放送)になることが予定。米、メキシコを含む5箇所でのプレス・ツアーが計画されている。

Sponsor Link

ウェイトに関しては両陣営で合意が取れているが、開催地、日程に関しては最終決定されておらず対戦は未だ合意に達していない。コット、カネロをプロモートする両陣営は、開催日程について議論している。開催地に関しては、コットのホームであるニューヨークが上がっていたが、ラスベガスで開催することで交渉が進んでいるようだ。

現時点では、11月7日開催の場合はMGMグランド・ガーデン・アリーナ。11月21日開催の場合は、トーマス&マック・センターが候補だという。ウェイトの問題が決まったことから、残るは開催日時のみ、コット、カネロの実現はほぼ確実。コットのアドバイザー、ギャビー・ペニャガリカーノ氏も7月中、数週間のうちに公式発表ができると述べていることからもう間もなくかもしれない。正式アナウンスが待たれる。

関連記事:コット、カネロ、2015年11月、開催地はラスベガスが有力候補!

(Via: ESPN Boxing