2015年11月開催へ対戦実現へ向け交渉が進められている、WBC世界ミドル級王者ミゲール・コットとメキシカン・スター、サウル・”カネロ”・アルバレスのメガ・ファイトの開催候補日に2015年11月21日が有力であることが、コットのアドバイザー、ギャビー・ペニャガリカーノ氏が明らかにした。

現時点で、有力な開催地は、ニューヨーク、ラスベガス。交渉は、11月21日開催を目標に進められ、早ければ7月、数週間以内に公式発表できるという。今週、ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤがラスベガスへ飛び、ミゲール・コットをプロモートするロック・ネイション・スポーツ(RNS)と開催地、開催日について会談が行われている。

Sponsor Link

開催地についてダラスも有力とされているが、交渉の主導権はミゲール・コット陣営が持っている話もあることから、ニューヨークが第一候補。両陣営が纏まらない場合、ラスベガスとなることが濃厚だろう。

試合のプレス・ツアーも計画されており、デ・ラ・ホーヤ氏はPPV件数は200万件に達するだろうと述べている。デ・ラ・ホーヤ氏は、コット、カネロのメガ・ファイト実現について、RNSと共に楽観的であることを明かしている。

試合が決定すれば、2015年5月2日に行われた「世紀の一戦」の次ぐ、メガファイト実現となることは確実。正式アナウンスが待たれる。

関連記事:コット、カネロ、開催地について来週ラスベガスで会談が開催

(Via: boxingscene