トップランク(米・大手ボクシング・プロモーター)CEO ボブ・アラム氏は、HBO(米・ボクシング中継局)と秋にも実現するとされていたWBO世界フェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ロシア)、ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)との対戦について会談したことを明らかにした。

トップランク CEOボブ・アラム氏は、2人の対戦は実現しないと述べた。実現しない理由について、ボブ・アラム氏は、ニコラス・ウォータースがフェザー級ウェイトのリミットである126パウンドが作れないことを明かした。今後、ウォータースはスーパーフェザー級へ階級を上げ、ワシル・ロマチェンコは、フェザー級に留まると説明した。

ボブ・アラム氏は、ロマチェンコ、ウォータースが実現しないが、将来この2人の対戦に匹敵する対戦カードを計画中であることを明かしている

IBF世界フェザー級ランキング14位のオスカー・バルデス(メキシコ)、WBO世界ライト級ランキング7位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)、ニコラス・ウォータース、ワシル・ロマチェンコとのマッチメイクを計画しているという。アマチュア時代、バルデス、ベルデホと共にロマチェンコに敗戦している。

Sponsor Link

オスカー・バルデス

元オリンピアン、今後注目選手の1人、オスカー・バルデスは、2015年6月27日に、元世界ランカーのルーベン・タマヨ(メキシコ)を相手にHBOデビューを果たす。

フェリックス・ベルデホ

https://www.youtube.com/watch?t=341&v=62qM74RaNL8

フェリックス・ベルデホは、トップランクがプロモートするプエルトリカンのプロスペクト(スター候補)。ライト級ながら体型には恵まれており、スピード、パワー、ディフェンス・スキルも高くコンビネーションも多彩。プエルトリカンの次期スター候補といって間違いない。

(Via: boxingscene)