2015年夏頃、WBC世界スーパーバンタム級王者レオ・サンタ・クルス(メキシコ)、3階級制覇王者アブネル・マレス(メキシコ)との対戦が、ほぼ合意されていることが関係者の話から明らかとなった。開催地は、両陣営のホームである米・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズ・センターで行われる。

現時点での開催の有力候補日は、2015年8月29日。アル・ヘイモンが陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(以下PBC)で米・スポーツ専門チャンネルESPNか、Showtime(米・ボクシング中継局大手)で中継されることが濃厚。

レオ・サンタ・クルスは、「私は、アブネル・マレスと8月、9月に戦う準備ができているよ。既に、マネージャー含め、チーム全員と話し、アブネル・マレスと試合をすることに合意が取れている。私のチーム、マネージャが今、アブネル・マレス陣営と交渉中だよ」と語っている。

Sponsor Link

また、ギレルモ・リゴンドー、カール・フランプトンとの対戦について次のように語っている。「ギレルモ・リゴンドー、カール・フランプトンのようなファイターは好きで戦いたいが、私個人の理由で試合を決定する権利はない。私のチーム全体で決める必要があるんだ。なにより、私はボクシング・ファンが求めている試合を実現したいんだ」と語っている。

サンタ・クルスのアドバイザーであるアル・ヘイモンは、サンタ・クルス、アブネル・マレス戦の勝者と、WBC世界フェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr.、WBA世界フェザー級レギュラー王者ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)とのマッチメイクを考えているようだ。

サンタ・クルスは、フェザー級階級を示唆していたが、マレス戦後もフェザー級で戦うことが濃厚。マレス戦をクリアすれば現フェザー級王者とのマッチメイクが見えてくるが、ナチュラルなフェザー級のファイターが相手。2015年5月に、フェザー級テストマッチでホセ・カエタノとの試合で明らかとなった、パワー不足の課題をクリアしなければ厳しい試合となるだろう。

(Via: ESPN Boxing)