WBC世界ミドル級王者ミゲール・コットのアドバイザーを務める、ギャビー・ペニャガリカーノ氏は、2015年秋にも実現すると噂されているサウル・”カネロ”・アルバレスとのメガマッチの開催日程について、2015年11月、米・ニューヨーク、ラスベガスが候補地だと語っている。

ペニャガリカーノ氏は、日程について11月を最有力候補として上げたが、10月の選択肢もあると述べた。コット、カネロ戦は、プロモーション・ツアーが企画されており、米、ニューヨーク、ロサンゼルス、テキサス、ラスベガス、メキシコを予定。ペニャガリカーノ氏は、交渉はまだ、開催地、日程と合意に至っていないが、交渉が順調に進んでいることを明かしている。

Sponsor Link

photo credity  by:delacalleboxing

photo credity by:delacalleboxing

カネロ陣営は、テキサス開催を望んでいることに対し、コット陣営は、ニューヨーク、ラスベガスでの開催を望んでいるが、テキサスも候補地の1つとして考えていると話している。2015年、秋にも実現予定の、コット、カネロのビッグマッチは既に交渉が開始されている。

こちらの記事で紹介したが、日程については、10月〜11月が濃厚。カネロは、2015年9月12日メキシコの独立記念日に、コットとの対戦を望んでいたが、コット陣営が、家族との休暇を優先したいことから開催日は、10月以降の可能性が高くなった。

交渉の鍵は開催地

日程より、開催地が交渉の鍵となるだろう。カネロ陣営は、ホームのテキサス。コットは、プエルトリカンが多く居住する米・東海岸ニューヨークのホームを希望。テキサス、ニューヨークでの開催が纏まらない場合の両陣営の妥協点として、コット、カネロ両者が試合を開催している、米ネバタ州ラスベガスが候補地としてなりそうだ。

関連記事:コット、カネロ、開催日は2015年11月が濃厚

(Via: boxingscene)