ベスト・ボクシング・プロモーションズは、IBF世界スーパーフライ級王座決定戦が、2015年7月18日米・テキサス州エルパソにある「ドンハスキンズ・コンベンションセンター」で、IBF世界スーパーフライ級ランキング1位マックジョー・アロヨ(プエルトリコ)、同級ランキング3位のアーサー・ビジェヌエバ(フィリピン)の間で行われることを発表した。

まだ公式発表はしてないが、近く公式発表がある見込みとなっている。試合は、アル・ヘイモンが陣頭指揮を執る「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(以下PBC)か、米・ボクシング中継局大手Showtimeの何れかで放送される。

https://www.youtube.com/watch?v=B5zsQ01ciCs

前IBF世界スーパーフライ級王者ゾラニ・テテは、マックジョー・アロヨとの指名戦の報酬が大幅に下ることから王座放棄を決定。IBF(国際ボクシング連盟)は、空位となった王座決定戦を、同級ランキング1位無敗のマックジョー・アローヨ(プエルトリコ)、同級ランキング2位無敗のアーサー・ビジェヌエバ(フィリピン)との間で指令。両陣営に交渉を開始するように通達していた。

Sponsor Link

同日は、同会場でIBF世界王者カール・フランプトン(英)の2度目の防衛戦が、米国地上波CBSで午後4時(ET時間)午後1時(PT時間)から中継。その後、同会場で、夜にフリオ・セサール・チャベスJr.(メキシコ)がマルコス・レイジェス(米)を相手に再起戦が予定。Showtime(米・ボクシング中継局)が午後10時(ET時間)、午後7時(PT時間)から生中継する。

また、Showtime中継枠で、フリオ・セサール・チャベスJr.、マルコス・レイジェスのアンダーカードに、クリス・アレオラ(米)の出場が予定されている。同一会場で、別時間枠でボクシングのイベントが開催される。チケットは、CBS、Showtimeと分かれている。

米国では、タイトルマッチであっても軽量級は決して注目度は高くない。しかし、WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスがHBO(米・ボクシング中継局)でセンセーショナルなデビューを果たし、米国ボクシング・ファンの心を掴んだ。印象的な試合をすることが出来れば、今後、セミ・ファイナルなどでマッチメイクが増えてくることも考えられるだろう。

関連記事:・決定!カール・フランプトン、次戦アレハンドロ・ゴンサレスJr.と2015年7月18日に米で対戦

3800万円要求、ゾラニ・テテ、アローヨの交渉が決裂