WBC(世界ボクシング評議会)は、WBAスーパー/WBC世界スーパーライト級王者ダニー・ガルシアがWBC王座を返上したことを発表。WBCは、WBCランキング1位のビクトル・ポストル、WBCランキング2位のルーカス・マティセの間でWBC世界スーパーライト級王座決定戦を行うよう指令した。

ルーカス・マティセをプロモートするゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)副社長 エリック・ゴメス氏は、ルーカス・マティセと共に、ビクトル・ポストルとの対戦を望んでいることを明かした。

ビクトル・ポストるの共同プロモーターであるトップランク カール・モレッティ副社長は、ダニー・ガルシアとの指名試合が実現しないことを分かっていたと話した。ルーカス・マティセとの試合は、素晴らしいファイトになる、我々は早急に交渉を完了させたいと前向な姿勢を示している。

Sponsor Link

ガルシアは、次戦マリナッジと対戦

image source to:The Ring

image source to:The Ring

ダニー・ガルシア陣営は、ピーターソンとノン・タイトル戦を行うにあたりWBCへノン・タイトル戦の承認を要請した。WBCは、ビクトル・ポストルとの指名戦の交渉を済ませること、その後、ルーカス・マティセの2試合連続の指名戦を条件にノン・タイトル戦を承認。WBCは、ガルシア、ピーターソンの一戦をトップファイター同士の一戦に関与することが出来名誉だと話していた。

しかし、ダニー・ガルシアは、2015年8月1日、米・ニューヨークにあるバークレイズ・センターで元世界王者ポール・マリナッジとノンタイトル戦で戦うことが決定。2試合の指名戦を指令していたWBCは、ダニー・ガルシア陣営にヒアリングを実施。ダニー・ガルシア陣営がベルトに返上することに同意した。

ダニー・ガルシアは次戦以降、ウェルター級へ上げることを示唆。関係者の間ではガルシアは、WBCのベルトを返上するとの見方が強かった。ガルシアは同級WBAスーパーのベルトも保持しているが、現時点でWBAからの発表は無い。

関連記事:・ルーカス・マティセ次戦、ダニー・ガルシア今日気になった海外ボクシングニュース

ガルシア、マリナッジの次戦がPBCで8月1日ESPNで放送

(Via: ESPN