WBCウェルター級シルバータイトルマッチが、米国現地時間2015年5月29日日、米・ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターで行われ、王者アミール・カーンが、(3-0)でクリス・アルジェリに判定勝ちを収め2度目の防衛戦に成功した。

アミール・カーンは、以前からフロイド・メイウェザーJr.との対戦を熱望。現在、アミール・カーンは、フロイド・メイウェザーJr.のラストファイトが予定されている9月12日の最有力候補といっていいだろう。

クリス・アルジェリを破ったことで、メイウェザーJr.との対戦に一歩前進したと言える。しかし、クリス・アルジェリとの試合は戦前有利とされていたが予想外に苦戦。メイウェザーJr.戦へ向けての試合と考えるとインパクトに欠ける試合だったことは事実だ。

メイウェザーの次戦の日程

メイウェザーが9月12日試合を行うことを前提で考えれば、アミール・カーンが最有力候補だということはほぼ確実だろう。しかし、パッキャオとの対戦で巨額の報酬を手にしたフロイド・メイウェザーJr.は、9月の日程をスキップ。2016年4月にラスベガスに完成する20,000人収容できる新しいアリーナで、5月にラスト・ファイトする可能性も考えられる。

Sponsor Link

アミール・カーンが最有力候補

ショーン・ポーターは、6月20日、エイドリアン・ブローナーと対戦。キース・サーマンは、7月11日にPBC ESPN初興行で元世界王者ルイス・コラーゾと対戦。9月に試合を行うことを前提に考えれば、サーマン、ブローナー、ポーターは候補から外れそうだ。

6階級制覇を目指しミゲール・コットと対戦する話もあるが、ヘイモンとロック・ネイション・スポーツの関係上マッチメイクは難しく。コットがキール戦をクリアすれば年内にサウル・”カネロ”・アルバレスとのメガマッチが計画されている。

PPV収益を考えれば、知名度・人気を兼ね備えたアミール・カーンが最有力候補。パッキャオとのドリーム・マッチが終わった今、メイウェザーJr.との対戦に相応しいボクサーが居ないというのが現実だろう。

アミール・カーンは、2015年5月2日メイウェザー、パッキャオ戦後、メディア・ルームでメイウェザー・プロモーションCEO レナード・エラルベ氏と会話。エラルベ氏は、アミール・カーンにメイウェザーは戦う準備が出来ていると話したという。

何れにしても9月に次戦を行うのであれば、6月には具体的な話がでてくるだろう。