WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)が、2015年6月13日米・アラバマ州バーミンハムにあるバートゥ・アリーナでWBCランキング9位のエリック・モリーナ(米)を相手に初防衛戦を行うことが決定した。興行は、ディ・ベラ エンターテイメントが開催。試合は、米ケーブルTV局Showtimeが放送する。

ワイルダーは、2015年1月17日米・ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナで前WBC世界ヘビー級王者バーメイン・スタイバーンと対戦し、(3-0)の判定で勝利しベルト奪取に成功。ワイルダーはこの試合で、右手人差し指を骨折。復帰戦が待たれていた。 

Sponsor Link

アメリカからヘビー級のベルトが離れて約8年。2007年に前WBO世界ヘビー級王者シャノン・ブリッグがタイトルを失って以来、アメリカ人のヘビー級王者が誕生した。米からベルトが離れ、米国内のヘビー級のタレント不足もあり、人気が低迷してたヘビー級のタイトルマッチだったが、人気・知名度もあるワイルダーのヘビー級のベルト奪取に大きな期待が掛かりに久しぶりに話題を集めた。

スタイバーン戦は、スタミナ、スキルと課題が残る試合となったが、パワーだけでなく終始落ち着き的確にポイント・アウトすることも出来ることを証明。ポテンシャルも十分に秘めていることが分かった試合と言える。

エリック・モリーナとの初防衛戦はワイルダーの故郷アラバマ州で行われる。将来的には、長期政権が続くWBA/WBO/IBF世界ヘビー級 統一王者ウラディミール・クリチコとの対戦が望まれる。数年後決まれば、ビッグ・マッチになることは間違いないだろう。

(Via: The Ring