米国現地時間、2015年5月2日米・ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われたフロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオ「世紀の一戦」のPPV(有料放送)の購入件数が440万件に達し、総興行収益500Million(約600億)を超えることが明らかとなった。米国現地時間、22日(火)米国に試合を放送した米・ケーブルTV局Showtime、HBOは、PPV購入件数は過去最高の440万件に達し、$400Million(約480億円)以上を売り上げたことを発表した。

米国現地時間、22日(火)ネバタ州アスレチック・コミッション(NSAC)は、同興行のゲート収益を発表。会場となったMGMグランド・ガーデン・アリーナで用意された16,219チケットから、過去最高の$72,198,500(約86億円)を生成したことを発表した。

Sponsor Link

「世紀の一戦」は、PPV購入件数、ゲート収益は大幅に記録を更新。PPV購入件数は、2007 年過去最高を記録した2007年にオスカー・デ・ラ・ホーヤ、フロイド・メイウェザーJr.の戦いで記録した248万件を大幅に更新。ゲート収益は、2013年に過去最高を記録したフロイド・メイウェザーJr.、サウル・カネロ・アルバレス戦の20Million(約23億円)を大幅に更新した。

同興行は、PPV収益、ゲート収益に加え、各国への放映権が$40Million(約48億円)。スポンサー収益が$13.2Million(約15億円)、内公式ビールスポンサーのTECATEから約$5.6Million(約6.8億円)を含む。クローズ・サーキットの収益が、$19Million(約22億円)。現地ラスベガス、MGMリゾーツの46,000のクローズ・サーキット収益が$6.9Million(約8億2000万円)。数百万ドルの公式グッズの収益が見込まれ、総興行収益は、$500Millionを超えることが明らかとなっている。

NSACのゲート収益の報告によると、46枚の無料チケットがあったことが明らかとなっている。$10,000のチケットで4枚、$2500のチケットで42枚。また、9枚のチケットが売れ残っていることが分かっている。内訳は、$7,500が6枚、$3,500ドルが3枚。

(Via: ESPN Boxing