WBA世界スーパーミドル級王者アンドレ・ウォードが、2015年6月20日米・カリフォルニア州オークランドにあるオラクル・アリーナで、ポール・スミス(英)と防衛戦を行うことが正式に決定した。興行は、Jay-Z率いるロック・ネイション・スポーツ(以下RNS)で開催。中継は、BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョン)アフリカ系・アメリカ人を対象に放送行っているケーブルテレビチャンネルで中継される。

約18ヶ月ぶりにリングへ復帰するWBA世界スーパーミドル級王者アンドレ・ウォードは、グーゼン・プロモーションと契約期間の問題で法定闘争。長期離脱を余儀なくされていたが、2015年1月にグーゼン・プロモーションズとプロモーション契約を解消することを合意。その後、RNSと電撃契約を果たしている。

Sponsor Link

アンドレ・ウォード、復帰戦の相手は元世界ランカーのポール・スミス。約18ヶ月ぶりにリングへ復帰するウォードの対戦相手としては適正と言えるだろう。戦績は、40戦(35勝(内KO20)+負5(内KO2))、2011年ジェームス・デゲール、2014年アブラムハムと対戦し判定で敗れている。

現スーパーミドル級は、カール・フロッチ、ジェームズ・デゲール、アンドレ・ディレル、ジョージ・グローブスと強豪が揃い、チャベスJr.もスーパーミドル級へ参戦を表明。ミドル級最強王者ゲンナディ・ゴロフキンは、スーパーウェルターからスーパーミドル級まで視野を入れていることから、2015年〜2016年にかけアンドレ・ウォードとのスーパーマッチも考えられる。2015年スーパーミドル級戦線がアンドレ・ウォードの復帰で盛り上がりそうだ。

(Via:boxingscene)