ダニー・ガルシア、アンドレ・ウォードの復帰戦、今日気になった世界のボクシングニュースを記載します。

WBC/WBA世界スーパーライト級王者ダニー・ガルシアが次戦に、防衛戦を行うことを受け入れる構えでいることが明らかとなった。2015年4月11日米ニューヨーク、バークレイズ・センターでピーターソンに勝利後、次戦はウェルター級へ参戦することを表明しタイトルは返上されると思われていた。

ダニー・ガルシアは次戦、スーパーライト級に留まるのであればWBCからの指名試合、ランキング1位のビクトル・ポストルとの指名戦行うことが義務付けられている。4月11日に行われた同興行で、ビクトル・ポストルは、ジェイク・ジウリセオ(米)に8回判定勝利。

こちらの記事でも紹介したが、ダニー・ガルシアは次戦、エイドリアン・ブローナーから対戦オファーを受けているが、実現するかは不透明性が高い。現段階では、タイトルを返上し、ウェルター級へ上げるのか否かは決まっていない。

関連記事:ダニー・ガルシア、ブローナー2015年9月に実現か?!

Sponsor Link

ウォード復帰戦

photo by Andre Ward Instagram Account

photo by Andre Ward Instagram Account

WBAスーパー世界スーパーミドル級王者アンドレ・ウォードの次戦の対戦相手に、マルコ・アントニオ・ペリバン(メキシコ)が浮上。メキシコのプロモーター デル・プエブロ・プロモーションズ オスバルド・クチュレが、アンドレ・ウォード陣営と交渉中。現在、交渉は70%完了し数日中に合意する見込みだと述べている。

アンドレ・ウォードの復帰戦は、2015年6月20日米カリフォルニア州オークランドにあるオラクル・アリーナで行うことを自身のTwitterを介して発表。中継局は、公式発表とはなっていないが、BET(Black Enterteinment Television)が中継するようだ。

試合まで2ヶ月を切ろうとしてることから、数日中にウォードの復帰戦の対戦相手が決まるだろう。

関連記事:コットの次戦、ウォードの復帰戦今日気になった世界のボクシングニュース

(Via: boxingscene)