元WBAスーパー世界フェザー級王者ノニト・ドネアの次戦は、トップランク(米ボクシング・プロモーター)興行で、2015年7月18日中国マカオで計画。将来の対戦計画にWBA世界スーパーバンタム級王者スコット・クイッグを上げ、クイッグ陣営にコンタクトをとったことを明らかにしている。

ノニト・ドネアは、スコット・クイッグとの対戦について前向きで、英国での対戦も問題無く受ける構えを見せている。ドネアは、2014年10月米ロサンゼル近郊にあるスタブハブ・センターで、ニコラス・ウォータースとWBA世界フェザー級統一戦を行い破れ、2015年3月母国フィリピンでウィリアムス・プラドと戦い復帰戦を勝利している。

Sponsor Link

ノニト・ドネアがスーパーバンタム級に戻ってきたことによりスーパーバンタム級戦線は激化しそうだ。WBAレギュラー王者スコット・クイッグは、IBF世界王者カール・フランプトンとの統一戦が進められているが、TV局、統一戦の認可の問題で交渉が難航。スコット・クイッグをプロモートするエディ・ハーンは、近日中に交渉が纏まらなければ別の対戦候補を探すと述べている。

WBAスーパー/WBO世界スーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドーはビッグマッチを望み、WBA(ボクシング評議会)へWBAレギュラー王者スコット・クイッグと統一戦を要請。IBF王者カール・フランプトンとも対戦する準備ができているという。リゴンドーのマネージャーを務めるゲーリー・ハイドは、WBAへ要請した回答を待ち、2015年5月英国へクイッグ、フランプトン戦実現の為渡英するという。

スコット・クイッグは次戦、2015年7月18日英国でマンチェスターで計画。クイッグ、フランプトンの統一戦が決裂した場合、ノニト・ドネアとの対戦案が浮上してくる可能性はある。ドネアは、元スーパーバンタム級王者、スコット・クイッグとの対戦が決まれば構図は新旧対決。近い将来実現すれば面白い試合となりそうだ。

(Via: boxingscene