マッチルーム スポーツ(英国大手ボクシング・プロモーター)は、現地時間4月10日(金)英国ロンドンで記者会見を開き、IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックが、IBFランキング5位のフランキー・ギャビン(英国)を相手に2度目の防衛戦を行うことを正式に発表。試合は、2015年5月30日、英国ロンドンにあるO2アリーナで行われ、試合はSkySports(英国衛星放送事業者)がPPV(有料放送)放送する。

こちらの記事でも紹介したとおり、ケル・ブルックをプロモートするエディ・ハーンは、5月30日アミール・カーンとの対戦を計画、アミール・カーン陣営をオファーをしたが、アミール・カーン陣営はオーファーを辞退。アミール・カーンは、クリス・アルジェリとの対戦へ向け交渉が進められている。

IBF(国際ボクシング連盟)は、IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦にて、フランキー・ギャビン、ティモシー・ブラッドリーと対戦するよう両陣営にIBFがオーダー。フランキー・ギャビンをプロモートするマッチルーム スポーツ エディ・ハーンは、フランキー・ギャビンの次戦の相手が内定してたが方針を転換。IBF挑戦者決定戦を辞退し、IBF王者ケル・ブルックへの挑戦を決めた。

Sponsor Link

ケル・ブルックは、僅か2ヶ月の期間でリングへ戻ってくる。2015年3月28日、ケル・ブルックの故郷である英国シェフィールドで指名挑戦者ジョジョ・ダンと対戦し圧勝し初防衛戦に成功している。5月30日英国O2アリーナでは、WBC世界ライト級タイトルマッチ、IBFフェザー級タイトルマッチ、アンソニー・ジョシュアが出場。現時点での対戦カードは以下のとおり。

・IBF世界ウェルター級タイトルマッチ 12回戦
ケル・ブルック vs. フランキー・ギャビン

・WBC世界ライト級タイトルマッチ 12回戦
ホルヘ・リナレス vs. ケビン・ミッチェル

・IBFフェザー級タイトルマッチ 12回戦
イフジェニー・グラドビッチ vs. リー・セルビー

・スーパーライト級 12回戦
デイブ・ライアン vs. ジョン・ウェイン・ヒビート

・ヘビー級
アンソニー・ジョシュア vs. ケビン・ジョンソン

勝者とブランドン・リオスが対戦か?

エディー・ハーンは、2015年夏にケル・ブルック、フランキー・ギャビンの勝者と、ウェルター級トップコンテンダーのブランドン・リオス(米)とのビッグ・マッチを考えているという。

ウェルター級は、メイウェザー、パッキャオの後継者、スター候補強豪が集う。ウェルター級へダニー・ガルシアも参戦することが確定。ケル・ブルックは攻防を兼備している安定ボクサーと言える。今後、ダニー・ガルシア、ブランドン・リオス、アミール・カーンとのマッチメイクが決まれば、スター候補が揃うウェルター級でのタイトルマッチがより一層過熱していきそうだ。

関連記事:続報!カーン次戦は5月30日クリス・アルジェリが濃厚

(Via: boxingscene