国際的なプロモーターで知られるサンプソン・リューコウィッツ氏によると、IBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロン(タイ)がタイでIBFランキング1位指名挑戦者であるジョンリエル・カシメロ(フィリピン)を相手に4度目の防衛戦を行うことを発表した。同興行をプロモートするリューコウィッツ氏は、開催地は、アムナットのホームでタイで開催することで合意。現時点では、日程は未定となっている。

中国マカオで3度目の防衛戦をゾウ・シミン(中国)と対戦、自身の得意とする鉄壁のディフェンス、距離感を駆使しゾウ・シミンに判定勝利。元WBC世界ライト・フライ級王者であるジョンリエル・カシメロは、現在ランキング1位に君臨。2012年8月にWBC世界ライト・フライ級王者 ペドロ・ゲバラと対戦し判定勝利を収めている。

Sponsor Link

同興行は、サンプソン・ボクシング、カシメロをプロモートするサミー・ジェロアニ・プロモーターで共同で開催。敵地で王者に挑戦することになったカシメロをプロモートするサミー・ジェロアニ氏は、カシメロは敵地での戦い海外での戦いは経験し慣れていることから問題は無いと述べている。

中国マカオでゾウ・シミンを破り、世界的にも評価が上がっているアムナット。過去にロッキー・フェンテス、井岡、マックウィリアムス・アローヨに勝利し未だ無敗の王者だ。次戦は指名挑戦者との試合、マッチメイクに異論は無い。こちらの記事でも紹介したが、同級WBC王者ローマン・ゴンサレスが今後のファイト・プラン、統一戦についてアムナットと対戦したいと明言。

ロマゴン、エストラーダ、アムナット現王者をはじめ、トップコンテンダーである、ブライアン・ビロリア、フランシスコ・ロドリゲスJr.と役者も揃っている。フライ級は統一戦のプランも浮上していることから2015年ビッグマッチの機運が高まっている。

関連記事:ロマゴン、アムナット、エストラーダと2015年統一戦をする意向を示した!

(Via: boxingscene)