IBF(国際ボクシング連盟)は、次期IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦にIBFランキング3位のティモシー・ブラッドリー(米)、ランキング5位のフランキー・ギャビン(英国)を考えていることが明らかとなった。フランキー・ギャビンをプロモートするエディ・ハーンは数日中にIBFへ回答をする必要があるという。

フランキー・ギャビン次戦は、2015年5月9日クリス・バン・ヒーデン(南アフリカ)と対戦することが内定。エディ・ハーンは、突如舞い込んだティモシー・ブラッドリーとのビッグマッチに意欲を示している。エディ・ハーンは、トップランクと交渉しIBF世界ウェルター級挑戦者決定戦に出場するか否かを現地時間4月7日(火)迄に決める必要がある。

Sponsor Link

IBF会長は当初、ブラッドリーとランキング4位のアミール・カーンを挑戦者決定戦を指令。ティモシー・ブラッドリー陣営は承諾したが、カーン・チームに拒絶されたと述べている。エディ・ハーンは、次期IBF世界ウェルター級挑戦権をもつ挑戦者と2015年11月に対戦する計画をしているようだ。

こちらの記事で紹介したが、IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック次戦は、2015年5月30日を予定している。アミール・カーン陣営と交渉したがカーン陣営が辞退を表明。現在、対戦候補はマルコス・マイダナ、ブランドン・リオス、ファン・マヌエル・マルケスが候補として上がっている。

この中で最も候補として可能性が高いのは、ブランドン・リオス。マルケスは、膝の怪我で次戦の予定は無し。マルコス・マイダナ次戦は早くても夏頃と言われている。ケル・ブルックの次期指名挑戦者がティモシー・ブラッドリーになれば面白い試合となりそうだ。数日中に決まる気配があることから続報が入り次第報告する。

関連記事:カーン、次戦5月30日クリス・アルジェリが対戦候補として浮上

(Via: boxingscene