コットの次戦の対戦候補、アンドレ・ウォードの復帰戦について記載します。

WBC世界ミドル級王者ミゲール・コット、次戦の日程は2015年6月6日とアナウンスがあり、間もなくトレーニング・キャンプ入りだが、未だに対戦相手は未定。現在対戦候補として3人、コーネリアス・バンドレイジ、WBCランキング1位セバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)、WBCランキング6位ダニエル・ギールあがっている。

現在、コーネリアス・バンドレイジは、2015年6月にティモシー・ブラッドリーの復帰戦の対戦候補として上がっている。Cotto Promotion CEOは、コットの次戦の対戦候補については現在交渉中ではあるが、有力候補については明言しないと述べている。

セバスチャン・ヘイランドはコットのアドバイザーであるギャビー・ペニャガリカーノ氏が務めていることから対戦の角度は高いといえる。次戦は6月6日、トレーニング・キャンプ入りすることから次戦の日程も数日中に発表されるのではと考えている。

Sponsor Link

アンドレ・ウォード復帰戦

photo by Andre Ward Instagram Account

photo by Andre Ward Instagram Account

WBA世界スーパーミドル級王者アンドレ・ウォードが、自身のソーシャル・メディア(Twitter)を介し、2015年6月20日米カリフォルニア州オークランドにあるオラクル・アリーナで復帰することを発表。復帰戦は、アンドレ・ウォードの故郷であるカリフォルニア州で行われる。現時点では、対戦相手、TV中継局に関しては決まっていない。

アンドレ・ウォードは、グーゼン・プロモーションと契約期間の問題で法廷闘争、長期離脱を余儀なくされていたが、2015年1月9日グーゼン・プロモーションズとプロモーション契約を解消することに合意。同時にJay−Z率いるロック・ネイション・スポーツと電撃契約を果たした。ロック・ネイション・スポーツ スポークスマン ロン・バーコウイッツ氏によると、対戦相手、TV中継局は間もなくアナウンスすると述べている。

1年半以上を経て、神の子ウォードがリングへ復帰することが確定。現スーパーミドル級は、カール・フロッチ、ジェームズ・デゲール、アンドレ・ディレル、ジョージ・グローブス強豪が揃い、チャベスJr.もスーパーミドル級へ参戦を表明。ミドル級最強王者ゲンナディ・ゴロフキンは、スーパーウェルターからスーパーミドル級まで視野を入れていることから、2015年〜2016年にかけアンドレ・ウォードとのスーパーマッチも考えられる。2015年スーパーミドル級戦線がアンドレ・ウォードの復帰で盛り上がりそうだ。