WSJによると、米国現地時間、2015年5月2日(日本時間5月3日)米ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランド・ガーデン・アリーナでおこなわれるフロイド・メイウェザーJr.、マニー・パッキャオの世紀の一戦のPPV(有料放送)価格がHD放送が$99(約10,800円)、標準画質(SD放送)が$89(約10,600円)になる見込みだと報じている。

現在、Showtime、HBOが米最大手ケーブル事業者であるコムキャスト、タイム・ワーナー・ケーブル、米大手衛星放送事業者2000万人のユーザー契約を持つディレクTVと交渉中で数日中に最終決定されると見られている。

メイウェザー、パッキャオ チケット情報

今世紀最大のボクシング・イベントの観戦チケットは激しい争奪戦となりチケットは入手困難なことが確実視されている。興行を開催する米ボクシング・プロモーター トップランクのスポークスマンによると、公式チケットは来週に販売されると述べた。公式チケット数は、600枚〜700枚とされ、当初予想されていた1000枚よりも遥かに少ない販売数となるようだ。

MGMグランドの15,000チケットの殆どは、メイウェザー、パッキャオのプロモーター、Showtime、HBO、MGMグランドの関係者、少数がブローカーに渡ると言われている。

公式チケットの価格は、興行開催主のメイウェザー・プロモーションズ CEO レナード・エラルベから、1500ドル(約18万円)から7500ドル(約90万円)になると発表。チケット開始日時など詳しいことが近いうちにアナウンスされると思われる。チケットは以下のとおり。

・$10,000 1,100枚 (公式販売は無し)
・$7,500 2,500枚
・$5,000 2,500枚
・$3,500 4,000枚
・$2,500 2,500枚
・$1,500 2,500枚

関連記事:500億円、メイウェザー、パッキャオ2015年5月2日最新情報

Sponsor Link

世紀の一戦 遂に1ヶ月を切った

image source to:Showtime

image source to:Showtime

メイウェザー、パッキャオのPPV(有料放送)の販売数は300万枚を超えPPV収益は、$300M(約357億円)を超えることが確実視されている。ボクシング・イベント最高のPPV収益を記録したカネロ戦の$152M(約182億円)を大きく上回り、PPV販売数も過去最高の記録を更新されることが確実だろう。

2人のファイト・マネーは当初予想されていた金額よりも跳ね上がり、フロイド・メイウェザーは216億円、マニー・パッキャオは120億円を超えることが確実視されている。2人のファイトマネーは、PPV収益により現在言われているファイト・マネー以上の金額となりそうだ。

米フォーブスは、歴代の年間スポーツ長者番付の歴代最高記録を大幅に更新する試算を発表。フロイド・メイウェザーJr.は、歴代の最高記録をもつ2008年タイガー・ウッズが記録した1億2500万ドルを更新し、フロイド・メイウェザーJr.は歴代長者番付1位になるという。

2015年のスポーツ長者番付は、フロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオの2トップとなることは確実だろう。世紀の一戦も残り一ヶ月を切った。

(Via: The Wall Street Journal)