IBF(国際ボクシング連盟)は、次期IBF世界ウェルター級指名挑戦者決定戦に、IBF世界ウェルター級ランキング3位ティモシー・ブラッドリー(米)、ランキング4位のアミール・カーン(英国)を指令。しかし、IBFによるとアミール・カーンは、挑戦者決定戦を辞退した。アミール・カーン次戦は、ウェルター級リミット(147lbs)でクリス・アルジェリと対戦すると公表している。

アミール・カーンは、2015年6月13日に計画されていたIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックとの試合も辞退。ケル・ブルックをプロモートするエディ・ハーンは、試合日程を6月13日ではなく5月30日すると提案したがカーンは辞退した。カーンがIBF指名挑戦者決定戦を辞退したことにより、IBF指名挑戦者決定戦はティモシー・ブラッドリー、ランキング5位のフランキー・ギャビン(英国)が候補となる。

Sponsor Link

アミール・カーンの次戦の対戦相手は、クリス・アルジェリにはまだ正式には決まってはいない。アミール・カーンは、自身のアドバイザーであるアル・ヘイモンによって正式に認可され公表されることを望んでいるようだ。アミール・カーンは、開催日時・場所について5月23日、5月30日、米ニューヨーク、バークレイズ・センターで希望していると述べている。

こちらの記事で紹介したとおり、クリス・アルジェリをプロモートするディ・ガーディア氏はアミール・カーンと交渉中であることを認め、6月20日にエイドリアン・ブローナーとの対戦する可能性もあると述べている。

アミール・カーン次戦は、6月はラマダンに入るため5月中であることは確実だ。次戦の公式アナウンスは間もなくだろう。メイウェザー戦を望むカーン、近道はケル・ブルックとの対戦に勝利することだったが、6月以降はラマダンに入るため2015年9月のメイウェザーへの挑戦権獲得は難しそうだ。

ケル・ブルック、マルケス、マイダナ、ブランドン・リオス、ティモシー・ブラッドリー、テレンス・クロフォード、キース・サーマン、エイドリアン・ブローナー、ダニー・ガルシア、クリス・アルジェリ、ルーカス・マティセ、ルスラン・プロボトニコフこの辺りのスーパーライト級〜ウェルター級トップコンテンダーは2015年ビッグマッチの鍵を握るだろう。

関連記事:カーン、次戦5月30日クリス・アルジェリが対戦候補として浮上

(Via: ESPN Boxing