WBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレスが、HBO(米大手ボクシング・ケーブルTV局)と4試合を放送することを契約していたことが明らかとなった。ローマン・ゴンサレス次戦は、5月16日米カリフォルニア州イングルウッド「The Forum」で行われるゲンナディ・ゴロフキン、ウィリー・モンローのアンダーカードに出場。エドガル・ソーサ(メキシコ)を相手に2度目の防衛戦を行う。試合は、HBOで中継され全米に放送される。

ローマン・ゴンサレスは、ゴロフキンと共に、米カリフォルニアにあるビッグベアー・レイクでトレーニング・キャンプをする予定だという。ゴンサレスは、大きな試合に出場することは自身のモチベーションになる。この試合のミッションは、インパクトのある試合をすることだと述べている。

Sponsor Link

ロマゴンがHBOと4試合を契約。今後は、主戦場を北米に移すことが確実視されてきた。注目される1試合目は、無敗王者ゴロフキンと共演を果たす。2人とも無敗、エキサイティングな試合をすることからゴロフキンとの共演は、ロマゴンにとって大きなメリットとなるだろう。

2015年対戦が噂される、WBA/WBO王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との統一戦はHBOでの放送が確度が高そうだ。現在フライ級は、エストラーダ他、ブライアン・ビロリア、ゾウ・シミン、IBF王者アムナット・ルエンロエン(タイ)、フランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)と強豪揃い。

今後、現WBO世界ライト・フライ級王者ドニー・ニエテスがフライ級へ階級を上げることを示唆していることから、今後は軽量級でのビッグマッチの期待感が高まる。HBOと4試合を契約したロマゴン、2015年年末にも井上尚弥とのスーパーマッチが囁かれる。エドガル・ソーサ戦後のロマゴンのファイト・プランに注目したい。

関連記事:正式決定!ロマゴンHBOで5月16日エドガー・ソーサと2度目の防衛戦を行う

(Via: boxingscene