元ライト級王者オマール・フィゲロアが、5月9日米テキサス州イダルゴにあるファーム・アリーナでリッキー・バーンズと対戦することが決定。現地時間4月1日(水)に記者会見が予定されている。同興行は、アル・ヘイモンの「プレミアム・ボクシング・チャンピオンズ」(以下PBC)で開催され、5月9日午後3時(ET時間)から米3大ネットワークの1つCBSで米国地上波で放送される。

コメンテーターは、ケビン・ハーラン、ポール・マリナッジ、名トレーナー バージル・ハンターが担当。マリナッジは、Showtime(米ボクシング中継局)のアナリストとしても活躍。バージル・ハンターは、アミール・カーン、アンドレ・ウォードのトレーナーとして有名だ。

Sponsor Link

2015年CBSは、PBCを8回の放送を予定。4月4日、6月、7月、9月、その後3回の放送を予定。初放送となる4月4日は、カナダ、ケベック州ケベック・シティにあるペプシ・コロシアムでWBC世界L・ヘビー級王者アドニス・スティーブンソンが、サキオ・ビカを相手に4度目の防衛戦を行う。アンダーカードには、WBC世界L・ヘビー級ランキング4位のカンピーリョと、ベテルビエフの対戦が決定。メイン、セミ・ファイナルと好カードが決まっている。

スティーブンソンは、サキオ・ビカをクリア後、セルゲイ・コバレフとの義務的防衛戦をWBC(世界ボクシング評議会)がオーダー。スティーブンソンのアドバイザーであるアル・ヘイモンがコバレフとの対戦を承認しているという話もあり、2015年ビッグマッチ実現への期待感が高まっている。

コバレフ、スティーブンソンが決まればボクシング・ファン誰もが望む「ベスト vs ベスト」の試合となるのは確実だ。メイウェザー、パッキャオが決まった今、プロモーター、TV局の枠を超えてボクシング・ファンが求めるビッグマッチを実現して欲しい。

(Via: boxingscene